友だちが旦那と不倫、ハイブランドに身を包み「すっかり変わってしまった…」 “自宅密会”に乗り込んだ妻の怒りと困惑(オリコン)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:オリコン

大学時代の友だちのInstagramに、夫のものとしか思えない数々が映り込み…。そんな“匂わせ”投稿から不倫に気づいたという、つきこさんの体験漫画『夫の不倫相手は友達でした。』。自宅での“密会”現場を押さえた壮絶な展開が読者から注目を集めていた。一方、マンガアプリ『comico』で連載中の『インモラルに復讐を』は、したたかな夫の不倫相手に立ち向かう妻の奮闘も見どころだ。不倫トラブルによる“女同士の争い”が描かれる話題の2作を紹介する。

【漫画】“不倫現場”に突入したら「ふぇ~~え~ん…」泣き出す不倫相手、続く言葉に妻ブチ切れ!

■「目立つタイプではなかった」派手なイメチェンで大胆行動

 つきこさんが自身のブログ『され妻つきこブログ』で紹介する体験漫画『夫の不倫相手は友達でした。』で描かれるのは、大学時代に一緒に遊びに行くほど仲がよかった友だちが、旦那と不倫していたという物語。不倫を発見したきっかけは、見覚えのある夫の靴下や、車内の小物などが映った写真が次々と投稿された友だちのInstagramの“匂わせ”投稿だったという。すぐに証拠を集めて、2人が自宅で密会するところを突撃した。

「2人の姿を見た時は、頭に血が上って怒りが勝ちましたね。自分の家で不倫、ということもショックでしたし…。夫は不利な状況になると全然しゃべらなくて、すごく情けないと思いました。友だちの方は、突然泣き出して『だって結婚してくれるって言ったんだもん』と駄々をこねていました。泣きたいのはこっちだよ…って感じですよね。それに結構ノリが軽くて、思ったより軽い気持ちで不倫しているなと感じました」

 彼女は学生時代、決して目立つようなタイプではなかったが、「イメチェンして派手な感じになっていた」と印象を語る。不倫が発覚し、相手(旦那)が「離婚しない」ことがわかると、次第にストーカーめいた行為に及ぶようになっていった。後を付けられたり実家で待ち伏せされたりと、何をされるかわからない恐怖を感じたという。

「夫によると、精神的にかなり不安定な、いわゆる“メンヘラ”状態になっていたそうで、関係を止めようと話すと『それなら死ぬ』と脅しに近いことを言われていたようです。親と絶縁していたらしく、追い詰められて、きっといろんなストレスを抱えていたのに、近くに心の支えになるような人がいなかったんでしょうね。気持ちが先走って暴走してしまうとか、自分のことしか考えられなくなることは、誰にでも起こりうるんじゃないでしょうか。彼女にも、別の支えがあれば違ったのかなと、今は思います」

 つきこさんは当時、出産を控えていたこともあり、夫とは「再構築」の道を選んだ。

「出産を控えていなければ、すぐに離婚を決めていたかもしれません。1人で子どもを育てていくのか、再構築して2人で育てるかは、迷いに迷いました。不倫相手が暴走したとき、夫がいなければ大変なことになっていた…という場面も経験したので、もう一度やり直してみようと決意しました」

熟慮と話し合いを経た上での「再構築という選択」そのものが、何より夫や状況に対する、いわば全力の「反撃」でもあったというケースだろう。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

                                      バ イ セ ル

がおすすめ。


コメントは受け付けていません。