『仮面ライダーベイル』上映イベント決定 最終回はライブ配信を実施(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

東映特撮ファンクラブ(TTFC)で配信中のTTFCでオリジナル作品『リバイスレガシー 仮面ライダーベイル』。22日配信開始の第5話で完結を迎えるが、28日に上映イベントが都内で開催されることが決定した。

【写真】仮面ライダーベイルとベイルが対峙

 22日にはTTFC会員が同時に視聴できるライブ配信を実施。当日、午前10時ごろに第1話から第5話まで、一挙にライブで配信。第5話は午前11時ごろより配信となる(※時間は前後する場合あり)。ライブ配信の最後には、「お知らせ」もあるという。正午から通常のアーカイブ配信(見放題配信)も行われる。

 28日に開催される『リバイスレガシー 仮面ライダーベイル』の上映イベントの詳細は近日発表予定。

■ストーリー
 今から約25年前。五十嵐兄妹が生まれる前の物語。科学研究組織・ノアに、瀕死の重傷を負った1人の男が運び込まれた。その男、白波純平(五十嵐元太)は狩崎真澄によってギフの細胞を心臓に移植され、一命を取り留めた。

 そして最強の悪魔ハンターとなることを強制され、ベイルドライバーを渡される。赤い悪魔に両親を殺された純平は、復讐心を胸に仮面ライダーベイルとなり、悪魔と戦い続けるが…。

■あらすじ
【第1話】
 今から25年前。事故で瀕死の重傷を負い、科学研究組織・ノアに運び込まれた白波純平(五十嵐元太)は、狩崎真澄によって驚異的な修復能力を持つギフの細胞を心臓に移植され、奇跡の回復を遂げる。手術によってベイルドライバーの適合者となった純平は、最強の悪魔ハンター・仮面ライダーベイルとなり、家族を殺した「赤い悪魔」への復讐を果たすため、言われるがままに悪魔と戦うが…。

【第2話】
 悪魔との戦いの中で瓦礫の下敷きになった白波純平は、一人の女性、五十嵐幸実によって助け出される。幸実は実家の銭湯へ純平を連れていき、お風呂を勧め、特製カレーを振る舞う。自分のことを怖がらない幸実に、純平も少しずつ心を許していく。だが、幸せな時間は長くは続かなかった…。

【第3話】
 ノアに拘束された純平と幸実は、二人とも生きて出ることはかなわないと覚悟しつつも、お互いが同じ孤独を抱えていることを知り、さらにひかれ合っていく。だが、いよいよ万事休すかと思われた時、意外な人物が二人の前に正体を現した。

【第4話】
 ノアから逃れ、身を隠していた純平と幸実。だが、ついに見つかり、更には悪魔も現れ、乱戦の中、幸実が純平をかばってケガを負う。怒りに我を忘れた純平は、ベイルの“悪魔の囁き”に耳を貸してしまい…。

【第5話】
 家族が悪魔に惨殺された日の真実を知った純平は、復讐を呼びかけるベイルに呼応し、体を明け渡してしまう。暴走状態でノアへと乗り込んだ純平を止めるべく、危険を顧みず向かっていく幸実。その想いに応えるように、純平はベイルを跳ね除け、自らの運命に決着をつけるべくベイルとの決戦に臨む。現在の“幸せな五十嵐家”はどのようにして生まれたのか…。堂々の完結編。

【広告】

【ファイテン公式】

 RAKUWA磁気チタンネックレスで

コリを緩和!




コメントは受け付けていません。