46カ国以上で上映禁止となった禁断のホラー「セルビアン・フィルム」リマスター完全版7月22日公開(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

内容のあまりの過激さに全世界46カ国以上で上映禁止、上映された国でも多くのシーンがカットされるなど物議を醸したセルビア製ゴア・スリラー「セルビアン・フィルム」の4Kリマスター完全版が7月22日から公開される。ポスタービジュアルと予告編が披露された。

【写真】ひど過ぎて誰にも勧められない胸糞ホラー「セルビアン・フィルム」場面写真

 スルディアン・スパソイエビッチ監督による本作は、「ソドムの市(1975)」、「ネクロマンティック」(87)、「八仙飯店之人肉饅頭」(93)、「屋敷女」(07)、「マーターズ」(08)、「ムカデ人間」(10)などを凌駕する、映画史上最も卑劣で残酷な描写の連続で悪名高い傑作であり、問題作として知られる。世界各国で封印された禁断のタブーが4Kリマスターで鮮烈によみがえる。

 引退した元ポルノスターのミロシュは、美しい妻と幼い息子の3人で平穏に暮らしていた。しかし、かつて共演した女優から海外向けの大作ポルノで高額のギャラが支払われるという仕事の誘いを受けたことで彼の人生は急転する。経済的に困窮していたミロシュは依頼を引き受けるが、撮影が始まるとそれはなんとブラックマーケット向けに実際の拷問と殺人を記録するというものだった。真実を知ったとき、すでにミロシュの逃げ場は絶たれ、さらに想像を絶する底なしの地獄を体験することになる。

 7月22日からヒューマントラストシネマ渋谷、池袋シネマ・ロサ、シネマート新宿、アップリンク吉祥寺ほか全国で公開。

【広告】

新会社でも作れる

法人ETCカードは

         【ETC協同組合】

しかもスピード発行




コメントは受け付けていません。