コーエーテクモグループが正社員の基本給と新卒初任給の増額をアナウンス 基本給は平均23%増額、新卒の初任給は月あたり5万6000円増額(IGN JAPAN)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:IGN JAPAN

コーエーテクモグループは正社員の基本給の増額と、新卒初任給の増額をアナウンスした(公式サイトのPDF)。発表によると、正社員は基本給が平均23%増額され、新卒の初任給は29万円へと引き上げられるという。また、特別賞与の支給も実施する。
この施策をおこなう理由としては「社員の働きがい向上のため」としている。また、コーエーテクモグループには経営基本方針として「社員の福祉の向上」があるとのことだ。

「ゲーム」画像・動画ギャラリー

この施策の実施時期などの概要は以下のとおり。

実施時期

2022年6月(4月遡及)~

社員平均基本給アップ率/額

23%アップ(+7万3000円/月)
※職種によって異なる

特別賞与

中期経営計画の早期達成の労に報いるため、通常の業績賞与とは別に支給

大卒初任給

29万円(+5万6000円/月)
時間外労働手当は別途支給/一部グループ企業では初任給が異なる

コーエーテクモグループの2021年度の業績はコロナ禍にもかかわらず好調に推移したそうで、当年度から始まった3ヶ年の中期経営計画の最終年度の利益目標を上回ることが確実となったとのこと。業績が好調だったため、この施策が実現できたようだ。2022年度はこの施策にあわせて7期連続となるベースアップを予定しているそうで、社員の待遇とともに業績の向上も目指していることがうかがえる。
ゲーム業界では社員の待遇を良くする動きが続いており、バンダイナムコエンターテインメントとカプコンが正社員の基本給の増額などをアナウンスしている。コーエーテクモグループはこの動きに続いた格好となるが、今後ほかにも追従するゲーム関連企業が出てきそうだ。

コメントは受け付けていません。