勝村政信、『元彼の遺言状』で10作目の“月9”「緊張感の漂う」 古屋呂敏はゴールデン帯連続ドラマ初レギュラー(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

俳優の勝村政信、古屋呂敏が、25日放送の綾瀬はるか主演、大泉洋共演のフジテレビ系“月9”ドラマ『元彼の遺言状』(毎週月曜 後9:00)第3話に出演することが発表された。

【写真】勝村政信&古屋呂敏コンビが綾瀬はるかと対峙

 同ドラマの原作は、宝島社主催の2021年第19回『このミステリーがすごい!』大賞で大賞を受賞した新川帆立氏による同名小説。主人公・剣持麗子(綾瀬はるか)の元彼・森川栄治が残した「僕の全財産は、僕を殺した犯人に譲る」という奇妙な遺言を受け、麗子が依頼人と共謀して一獲千金を狙う破格の遺産相続ミステリー作品。ドラマでは、弁護士の麗子が数々の難解ミステリーを解決するという異色の痛快推理劇として、原作の世界観はそのままにドラマオリジナルのエピソードも描いていく。大泉は、作家志望の謎の男・篠田敬太郎を演じる。

 18日放送の第2話では、麗子の元彼・森川栄治(生田斗真)が生前記した暗号がひもとかれ、「し・の・だ・を・た・の・ん・だ(篠田を頼んだ)」というメッセージを麗子に託していたことが明らかになった。しかし栄治亡き今となっては篠田の素性を知る者はいなく、なぜ栄治が麗子に「篠田を頼んだ」のか謎は残ったまま。「厄介な遺言を残して…」とため息交じりの麗子だが、事件を通じて麗子と篠田の心の距離にも変化が。「腕によりをかけておいしい料理を作ること」を条件に、麗子は「くらしの法律事務所」で篠田を住み込みで働かせることを決意する。壮大なプロローグを終え、25日放送の第3話から麗子と篠田による謎解きバディが本格始動。新川帆立の新刊『剣持麗子のワンナイト推理』の事件やドラマオリジナル事件が1話完結で描かれていく。

 第3話では、不動産社長・進藤昌夫が殺害された事件を麗子と篠田が追う。第一発見者は黒丑益也(望月歩)というホスト。数週間前、進藤から突然立ち退きを迫られた黒丑が交渉のためにオフィスを訪ねたところ、すでに絶命した進藤の姿があったという。この事件を担当する刑事役として、勝村と古屋の出演が決定。勝村は警視庁捜査一課の橘五郎(たちばな・ごろう)、古屋は橘の部下、松田大樹(まつだ・だいき)を演じる。橘刑事は『剣持麗子のワンナイト推理』にも登場するキャラクター。“強烈キャラ”として読者から注目を集めている。原作から生まれた橘が松田と刑事バディを組んでドラマでも存在感を大いに発揮。今後、各話で起きる事件現場にふらりと現れ、事件の真相を巡り、被疑者の弁護にあたる麗子と対立していく。

 勝村といえば『HERO』シリーズ(2001年、2014年)をはじめ、フジテレビドラマに欠かすことのできない名俳優の1人。月9ドラマには『HERO』シリーズのほか、『ラストクリスマス』(2004年)、『スローダンス』(2005年)、『ヴォイス~命なき者の声~』(2009年)、『コード・ブルー 2nd season』(2010年)、『私が恋愛できない理由』(2011年)、『極悪がんぼ』(2014年)、『イチケイのカラス』(2021年)に出演し、『元彼の遺言状』は勝村にとって10作品目の月9出演作となる。各ドラマで鮮明な印象を残してきた勝村が、麗子と対峙する役柄を通じてどんなスパイスを加えるのか注目だ。主演の綾瀬に突然「勝村さんが犯人ですか?」と聞かれドキッとしたという勝村。物語の結末は知らされていないため、「視聴者の皆さんと同じようにドキドキしている」と語る。怪しい刑事・橘の合流により、今作はますます先の読めないスリリングな展開へ向かっていく。

 一方、橘の部下・松田を演じる古屋は豊富な国際経験を積み、俳優だけでなく映像クリエーターやディレクションフォトグラファーとしても活躍中。今年2月には、プロカメラマンとして自身初の写真展も開催したばかり。今作でゴールデン帯連続ドラマ初レギュラー出演を果たす。今年1月期放送の『逃亡医F』(日本テレビ系)では主人公を追い詰める優秀な刑事を熱演。今回2クール連続で刑事役に挑むことになる。月9ドラマには『シャーロック』(2019年)以来2度目の出演。麗子と篠田による謎解きバディと、勝村と古屋による刑事バディ。事件現場で対峙する2組のバディが、それぞれの思惑を胸に事件の真相へ向かっていく。

■コメント
【勝村政信】
 結末のわからない緊張感の漂うドラマに、途中から参加させていただいています。視聴者の皆さんと同じようにドキドキしながら撮影に参加しております。綾瀬はるかさんに「勝村さんが犯人ですか?」と聞かれてドキッとしました。結末はわかりませんが、楽しく怪しく、緊張感を持ってやらせていただきます・

【古屋呂敏】
 刑事・松田大樹役で出演させていただきます、古屋呂敏です。勝村政信さん演じる橘刑事と一緒に行動することが多く、今後、橘刑事と共にどのように剣持麗子と関わっていくのか僕自身ワクワクしております。『元彼の遺言状』の世界を楽しみながら全力で演じさせていただきます。

【広告】

                                株式会社宝島社

<宝島社ストア>雑誌×ブランドコラボiPhoneケース

 

人気ブランドとコラボした

iPhoneケースを販売中

 宝島社ストアだけの限定デザイン

 



 

コメントは受け付けていません。