宮野真守、“声優の技”でセンターマイクは外さない 『ファンタビ』“ゆらゆら”アフレコを再現(クランクイン!)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:クランクイン!

声優の宮野真守と森川智之、井上和彦が23日、都内で行われた映画『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』の吹き替え裏話付き舞台あいさつに登壇。吹き替えを行う上での“秘密の作戦”を明かした。

【写真】『ファンタビ』吹き替えの“秘密の作戦”を明かす宮野真守、森川智之、井上和彦

 本作は、「ハリー・ポッター」「ファンタスティック・ビースト」全10作で興行収入1000億円を突破した、大人気魔法ワールドシリーズの最新作。史上最悪の“黒い魔法使い”グリンデルバルドの野望を阻止するために立ち上がったニュートたちの活躍や、“史上最も偉大な魔法使い”ダンブルドア先生の秘密が描かれる。

 イベントでは吹き替えを行う上での“秘密の作戦”を明かすことに。しかし、グリンデルバルド役の井上から「ここで言ったら秘密にならないじゃない」とツッコミが。宮野は「そうなんですけど。そこをなんとか」と頭を下げ、会場の笑いを誘った。

 宮野は「ゆらゆら」と回答。マンティコアのシーンでニュートを演じるエディ・レッドメインの動きとシンクロして声を入れたと言い、「音響監督さんからは『ここ、小気味良いBGMも流れるから、音楽に乗ってせりふとか息遣いを…』と言われたんだけど、それが意外と難しくて。きっとエディはそれ(BGM)を聞きながらやってないし、むしろエディの動きにシンクロして息遣いを入れた方が実際の疲労感も乗るんじゃないかと思って」とその理由を説明。「僕ひとりだったんですけど、マイクの前でひとりでこうやって…」と左右にゆらゆら揺れるダンスを再現してみせた。

 宮野は“声優の技”で、センターにあるマイクの位置は外さないようにしたといい「それはエディもやってなかったと思います。センターをずらさないっていう(笑)」と語った。

 ダンブルドア役の森川は「目は口ほどに物を言う」と答え、「ジュード・ロウがセクシーな目で芝居をするので、僕もマイク前でセクシーな目で芝居した」とコメント。そして井上は「脱力」と答え、「まず演じる前に、自分の余計な力を抜く。それで、その役にシンクロさせる」と打ち明けた。

 3人とも“役にシンクロする”という点で同じ作戦だったということがわかると、3人は「一心同体!」と言い合い、会場からは拍手が贈られていた。

 本作は4月8日に全国365館、895スクリーンにて全国公開され、公開3日間で観客動員68万5197人、興行収入10億5573万3460円を記録。初登場1位のメガヒットスタートを切り、10日間で累計観客動員数140万人、累計興行収入は20億円を突破している。

コメントは受け付けていません。