古川雄輝、ホラーすぎる体験をぶっちゃけ 忙しくなると起きる変化「物がなくなるんです」(オリコン)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:オリコン

俳優の古川雄輝が22日、大阪・カンテレ本社で3年ぶりの主演舞台『室温~夜の音楽~』についての会見を開催した。

【写真】笑顔でホラー体験を明かした古川雄輝

 舞台『室温~夜の音楽~』は、ケラリーノ・サンドロヴィッチが2001年に作・演出を手掛け、第5回鶴屋南北戯曲賞を受賞した作品。人間が潜在的に秘める善と悪、正気と狂気といった相反する感情を恐怖と笑いに織り込んだ“ホラー・コメディ”として絶賛された。傑作戯曲の誕生から21年、奇才・河原雅彦による新演出版として上演される。古川のほか共演に平野綾、坪倉由幸(我が家)、浜野謙太、長井短、堀部圭亮らを迎え、奇妙な人間模様を演じる。また、浜野はバンド・在日ファンクとして劇中音楽の製作も担当。“ファンキーでディープ”な生演奏が舞台を盛り上げる。

 2022年上半期だけで4本のドラマに出演し、この3年はドラマや映画など映像作品を中心に活躍してきた古川は「3年ぶりに主演でオファーをいただけてうれしかったです。『すてきな舞台にしたい!』とワクワクする気持ちと同時に、舞台の現場がかなり久しぶりなのでとても緊張しています」と語り、「時間に制限がある中、即興でその時のベストを出す映像作品の現場と違って、舞台にはけいこ期間があります。どれだけ準備をしていっても、“もっと上”が目指せる現場なので、毎回必ず壁にぶち当たります。例えば“受けの芝居”は『映像ならOKが出るだろうな』というところが舞台となるとOKが出ない。映像は自分が映らないシーンもあるから、カット割次第ではふっと気が抜けてしまうところがあるのですが、舞台はそういうわけにはいかない。自分がせりふを話さない空間すらも演技で埋めていくという緊張感が舞台にはものすごくあります。常に発見と学びのある現場です」と舞台ならではの難しさを語った。「どんな姿になるかは分かりませんが…。その壁を乗り越えて成長した姿でお客さんに会いたいです!」と気合い十分だった。

 今作で古川が演じるのは“ある罪”を犯した青年。“ホラー・コメディ”と呼ばれる台本を読んだ印象について「せりふのやり取りが犯罪者っぽくないんです。ちょっと笑っちゃうところもあったりして、むしろ『本当にこの人が犯罪を犯したの?』って“前半は”見えてしまうと思います」と“後半”に隠された驚きの展開を匂わせつつ「せりふに『はい』『うん』のような短いワードが多いんですけど、これって役者がどうせりふを捉えて、どう返していくかで“コメディ具合”が変わるせりふなんですよね。ほかの共演者たちがそこをどう演じるのかが、今からすごく楽しみです!」とけいこへの期待も。共演者については「長井(短)さんとはドラマで共演したことがあるんですけど、実はそのドラマの現場中にこの舞台のオファーがお互い同時に来ていて(笑)。僕は長井さんのお芝居が大好きなんです。“アドリブ女王”というか、変化球を投げるのがすごくうまくて。だから長井さんが出る時点で『この舞台に出たい!』という気持ちが強かったです」と裏話も明かした。

 最近のホラー体験という問いに対して、古川は「心霊的な怖い体験ではないのですが…(笑)。僕、忙しくなると、物がなくなるんです。不思議だなと思って。それで最近気づいたんですけど、せりふで頭がパンクすると物を捨てていたんです! この前は朝ごはんとコーヒーを用意してごみ袋を持って家を出たら、全部ごみ捨て場に捨てて現場入りしていました(笑)」と衝撃の恐怖体験を明かし、会場を笑わせた。

 最後は「お客さんのクスッっていう笑い声を含めて完成する舞台だと思いますので、一緒に1つの舞台を作っていけたらと思います。終演後にトークショーがある日もありますので、劇場に遊びに来てください!」と呼びかけた。

 舞台『室温~夜の音楽~』は、6月25日から7月10日まで東京・世田谷パブリックシアター、7月22日から24日まで兵庫県立芸術文化センター阪急中ホールにて上演される。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉髪洗髪露(控油平衡配方)


・抜け毛や薄毛が気になる方に
・黒々と健康的な毛髪を維持したい方に
髪のphコントロールや、
頭皮のオイルバランスキープに役立つシャンプー

コメントは受け付けていません。