吉田羊「20代の自信に、根拠なんかなくていい」 書籍『わたしが27歳だったころ』【全文公開】(オリコン)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:オリコン

ファッション誌『with』(講談社)で連載されていた「わたしが27歳だったころ。」をまとめた書籍『わたしたちが27歳だったころ 悩んで、迷って、「わたし」になった25人からのエール』が、22日に発売される。

【写真】吉瀬美智子・紅ゆずるも…豪華女性陣が“27歳”を語る

 本書に登場するのは、俳優、映画作家、脚本家、宇宙飛行士、映画字幕翻訳者、ドラマプロデューサーなど、さまざまな職業で活躍する25人の女性たち。27歳だった頃、何に悩み、どんな生き方を選択し、今何を思うのか――。時代を作り、活躍する女性たちが語る「わたし」ヒストリーを一冊にまとめた。

 3月発売の5月号で定期刊行が終了となったが、40年以上にわたり「働く20代」に寄り添い、応援し続けてきた『with』から、働く女性たちへの最後のエールとなる本書について、ORICON NEWSでは6日間にわたって一部誌面を公開する。

 第4弾は、俳優の吉田羊。年齢を「非公表」にする理由、突っ走るように演劇の世界に熱中した20代、映像の世界に飛び込んだ30代。多数の作品で活躍する彼女のルーツと原動力とは。そして、個人事務所を設立して感じた責任と自由、その2つが見せてくれる景色とは。俳優・吉田羊が語りかける、読むだけでやる気とパワーが満ちてくる言葉の数々。

■『わたしたちが27歳だったころ 悩んで、迷って、「わたし」になった25人からのエール』

・吉田羊
「20代の自信に、根拠なんかなくていい」

Profile
福岡県生まれ。テレビドラマ『HERO』の検事役で一躍、人気に。近年の出演作にドラマ『恋する母たち』『コールドケース3~真実の扉~』『生きるとか死ぬとか父親とか』『妻、小学生になる。』、映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』『ハナレイ・ベイ』『記憶にございません!』など。

「いつか自分は何者かになれる」
という根拠のない自信と期待。
自分に期待してさえいれば、
面白い世界にきっと出会える。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

美髪素


・白髪や抜け毛が気になりだした方に
・黒く艶やかで美しい毛髪にしたい方に

明朝時代の処方を基に作られた漢方薬です。

コメントは受け付けていません。