タイの祈祷師一族を不可解な現象が襲うR18+ホラー、7月公開 「哭声 コクソン」ナ・ホンジンが原案&プロデュース(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

「チェイサー(2008)」「哭声 コクソン」のナ・ホンジンが原案・プロデュースを務めた「THE MEDIUM(英題)」が、「女神の継承」の邦題で、7月29日から公開されることが決定。あわせて、ティザービジュアルが披露された。

【フォトギャラリー】ファン・ジョンミンが怪演!企画の原点「哭声 コクソン」に登場する祈祷師・イルグァン

 本作の企画は「哭声 コクソン」の続編として、ナ・ホンジン監督が同作に登場する祈祷師・イルグァン(ファン・ジョンミン)の物語を思いついたことからスタート。その構想はタイの祈祷師をモチーフに、本作へと受け継がれ“「哭声 コクソン」のアナザーバージョン”とも言える衝撃作が完成した。

 タイ東北部イサーン地方。小さな村で暮らす若く美しい女性ミンが、原因不明の体調不良に見舞われ、まるで人格が変わったように凶暴な言動を繰り返すようになった。途方に暮れた母親は、祈祷師である妹のニムに助けを求める。もしやミンは一族の新たな後継者として選ばれて憑依され、その影響でもがき苦しんでいるのではないか――。やがてニムはミンを救うために祈祷を行うが、彼女に取り憑いている何者かの正体は、ニムの想像をはるかに超えるほど強大な存在だった。

 監督は、タイ出身のバンジョン・ピサンタナクーン。ハリウッドリメイクされた「心霊写真」、タイでは「アナと雪の女王」を超え、異例の動員1000万人を突破、タイ歴代興行収入第1位をたたき出した「愛しのゴースト」を手掛けている。

 本作がプレミア上映されたのは、2021年・プチョン国際ファンタスティック映画祭。わずか“26秒”でオンラインチケットが即完売するほどの盛況ぶりで、最優秀長編映画賞を受賞している。その後も、ホラー作品にも関わらず、アカデミー賞国際長編映画賞タイ代表に選出。韓国劇場公開では、青少年観覧不可(映倫区分R18+相応)でありながら「ブラック・ウィドウ」を抑え、興行収入初登場第1位を記録している。

 「女神の継承」は、7月29日からシネマート新宿、ヒューマントラストシネマ渋谷、グランドシネマサンシャイン池袋、アップリンク吉祥寺、8月12日から丸の内ピカデリーほか全国公開。R18+指定。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉髪洗髪露(控油平衡配方)


・抜け毛や薄毛が気になる方に
・黒々と健康的な毛髪を維持したい方に
髪のphコントロールや、
頭皮のオイルバランスキープに役立つシャンプー

コメントは受け付けていません。