岡田健史、連続殺人鬼の沼にハマる青年を熱演 監督が絶賛「彼のアプローチが正解」(映画.com)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:映画.com

「凶悪」「孤狼の血」シリーズの白石和彌監督がメガホンをとる「死刑にいたる病」から、岡田健史の新たな場面写真&メイキング写真が披露された。24人もの若者を殺した連続殺人鬼・榛村に翻弄される大学生・雅也を演じている。

【フォトギャラリー】撮影中の岡田健史

 阿部サダヲ演じる榛村の“裏と表”の顔のギャップが衝撃的な本作だが、一方で榛村と対峙する岡田演じる雅也も、前半と後半では全く異なる表情を見せる。

 阿部は「岡田さんの演技で引き出されたところがあって、最初に思っていたものと違うアプローチをした部分がありました。まっすぐな雅也を壊したいと思いましたが、全然ブレなかったです」と、共演シーンとなる面会室では岡田との掛け合いで化学反応が起こったと明かす。クライマックスでは、同じ面会室でも、雅也が榛村を初めて訪ねる場面から演出も大きく異なり、緊迫感のある2人の演技によってより一層見応えのあるシーンとなっている。

 白石監督も岡田の前のめりな姿勢に驚いたそうで、「お芝居ひとつひとつを考えて演技しているので、こちらも確認しながら進めていき、積み重ねていった印象があります。“全体の映画の中でここを起点にしたい”、“ここを先々考えてやっていきたい”と計算高く考えて、逐一相談してくれた」と振り返り、「すごくナチュラルで素直な芝居をしてくれて、静かなトーンでいきたいというのが感じられました。阿部さんとのクライマックスでは自分のキャラクターがどういう見え方になるのかをよく見ていて、強い芝居をしてくると思っていたので意外でしたが、いざ作品が出来上がってみると彼のアプローチが正解でした」と語っている。

 「死刑にいたる病」は、5月6日から公開。

【広告】

 【ファイテンオフィシャルストア】

プロアスリートも愛用


コメントは受け付けていません。