横浜FMが30周年を勝利で祝うのか? FC東京がトラウマを払拭するのか?(チケットぴあ)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:チケットぴあ

クラブ創立30周年記念試合はリスタートに持って来いである。3勝3分1敗の勝点12で2位につける横浜F・マリノスだが、決して本調子ではない。むしろよくここまで勝点を積み重ねたと言える。横浜FMは新型コロナウイルスの陽性者やケガ人が続出する中、28日間で7試合を戦い抜いた。3月18日に行われた前節・サガン鳥栖戦は大雨、強風、寒さという三重苦の中、0-0で試合を終えるほかなかった。あれから2週間、ある程度メンバーは戻ってきた。ケヴィン・マスカット監督のもと、アタッキングフットボールの微調整も施してきたことだろう。開幕3戦で2ゴールをマークした新加入のアンデルソン・ロペス、開幕2戦で3発と得点感覚を取り戻しつつある2019年得点王・仲川輝人らがいかに決め切るか。横浜FMにとって、FC東京を迎え撃つ『2022明治安田生命J1リーグ』第6節は最後の詰めの部分の成果を見せる絶好の舞台である。

松木玖生(FC東京)

対するFC東京にとっても次節は重要なゲームとなる。最少の4試合消化ながら3勝1敗・勝点9の5位に位置するFC東京は4月2日(土)・横浜FM戦、6日(水)・ヴィッセル神戸戦、10日(日)・浦和レッズ戦と9日間でACL勢3連戦がラインナップ。

勝点を順調に積み重ねるFC東京だが、ピッチ上のパフォーマンスは決して満足のいくものではないだろう。アルベル監督が思い描いた試合をある程度実践できたのは0-1で敗れた開幕戦・川崎フロンターレ戦と1-0で勝利した前節の京都サンガF.C.戦ぐらい。第3節・セレッソ大阪戦と第4節・サンフレッチェ広島戦は、苦しみながらも勝負強さを見せた形となった。アルベル監督が信念とする「ボールを愛するサッカー」を身に付けるには実戦あるのみ。また横浜FM戦ではここまで4試合連続スタメンの超大物高卒ルーキー・松木玖生が『ドバイカップU-23』帰りの中、どれだけの強度を見せられるかにも注目される。大岩剛U-21日本代表監督が求めるタフさが試されるのだ。

リーグ戦の通算成績を振り返ってみるとFC東京が18勝8分16敗とややリードするも、直近3試合では横浜FMが3連勝。何よりも前回の対戦が強烈な印象を残した。昨年11月の第35節は前後半4点ずつ奪っての8-0。横浜FMが無慈悲に22本ものシュートの雨を降らしたのだった。

果たして、横浜FMがアニバーサリーゲームを勝利で祝うのか、FC東京が5か月前のトラウマを払拭するのか。クラブ創立30周年記念試合『明治安田J1』第6節・横浜FM×FC東京は4月2日(土)・日産スタジアムにてキックオフ。試合当日はスペシャルステッカーを来場者全員にプレゼント。また『クラブ創立30周年記念試合スタグルFES』として61台ものキッチンカーが集結する。チケットはF・マリノスチケット(Jリーグチケット)にて発売中。試合の模様はDAZNにて生中継。

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

                                    <U-NEXT>

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。