【きょうの金ロー】『名探偵コナン 緋色の弾丸』初放送 徳島&尾崎アナが見どころ紹介(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

日本テレビ系『金曜ロードショー』(毎週金曜 後9:00)では、劇場版最新作『名探偵コナン ハロウィン花嫁』の15日公開を記念して『2週連続名探偵コナン』を放送している。きょう22日には劇場版『名探偵コナン 緋色の弾丸』を本編ノーカットで初放送。このほど、第2夜を前に、同局屈指のコナンファンの徳島えりかアナウンサーと尾崎里紗アナウンサーが、見どころを紹介する。

【動画】徳島アナ&尾崎アナが『名探偵コナン 緋色の弾丸』見どころ語る

 昨年興行収入76.5億円の大ヒットした劇場版『名探偵コナン 緋色の弾丸』は大人気キャラクター・赤井秀一とその家族が総登場し、世界最大のスポーツの祭典と真空超電導リニアに関わる、国家規模の大事件に挑む。

 そんな今作の押しポイントとして徳島アナは「さすが劇場版、と思うほどのスケールの大きさ、大迫力が楽しめます。リニアがあんなことになるなんて…! 赤井さんとその家族のすごさを堪能できるところです」、尾崎アナは「羽田秀吉さんのキレッキレの推理シーン。彼女の由美タンにメロメロで、クールな赤井ファミリーの中では珍しくユーモアあふれるキャラクターの秀吉さんですが、車の中で淡々と言い当てていく推理シーンはいわゆる『ギャップ萌え』です。赤井秀一さんと秀吉さんの信頼関係が見えるのも本作の見どころかなと思います」とそれぞれ紹介する。

 赤井秀一とその家族について徳島アナは「全員、最強。普段はバラバラに生活していて、お互いに秘密を抱えている一家が全員集合して、それぞれに活躍する姿にワクワクさせられます」と胸をたかぶらせ、尾崎アナも「赤井ファミリーそれぞれ、抱えている問題がある中で、存在を隠したりしながらも懸命に生きている様子を見ると胸がぎゅっと苦しくなります。いつか、全員集合する日が来て欲しいです。秀兄に会った時の真純ちゃんの喜ぶ顔が早く見たい!」とファン目線で見守っているよう。

 これまで並々ならぬコナン愛をあふれさせてきた2人。改めて『名探偵コナン』の魅力について徳島は「アニメ放送開始から20年以上、コナンに魅了され続けています。名探偵コナンはただ謎を解くミステリーではなく、壮大な人間ドラマです。多彩で個性的な登場人物が、複雑な因縁で絡み合っていて、こんなつながりがあったのか! あの時のあの人が!と驚いたり、様々な人に感情移入できたりするところが魅力だということを、改めて感じます」としみじみ。

 尾崎も、『名探偵コナン』28年の歴史に触れ「多くの人が人生のどこかのタイミングで触れたことがある作品なのではないかと思います。小学生の頃に初めて見た方、大人になって見るようになった方、色々な方がいると思いますが、どのタイミングで触れたとしても、どこか心にグッとくるポイントがあるような気がします。それが人間関係であったり、恋愛模様だったり、事件のトリックだったり…。たくさんの登場人物の、性格や抱えている問題、バックグラウンドまで詳細に描かれているため、誰かに感情移入しているうちに、それが『作品の中の出来事』を越えて、『家族や友人の出来事』のように感じてしまうほどです。こんなに身近に感じる作品は他にありません。これからも1人のファンとして、米花町・杯戸町の平和を祈っています…(笑)」とアツい思いをのぞかせていた。

【広告】

      【FC東京】チケット販売



選手の顔と名前を覚えて、

「推しメン」を決めて、

スタジアムで熱い声援を送ろう!

コメントは受け付けていません。