DCのヒーロー映画『Blue Beetle』でヴィランを演じるのはシャロン・ストーンではなく、スーザン・サランドンと報じられる(IGN JAPAN)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:IGN JAPAN

シャロン・ストーンがDC映画『Blue Beetle(原題)』でヴィランのヴィクトリア・コードを演じると報じられていたが、新たな情報によると、本作のために新たに作られたキャラクターであるコードは、アカデミー賞受賞俳優のスーザン・サランドンが演じることになるという。
サランドンはすでに『Blue Beetle』のコード役の契約にサインしているとThe Wrapが報じている。『コブラ会』のショロ・マリデュエニャがラテン系キャラクターの主人公を演じる『Blue Beetle』は、DCフィルムズ初のスーパーヒーロー映画となる。

「Blue Beetle: The Movie」画像・動画ギャラリー

マリデュエニャが演じるハイメ・レイエスは、エイリアンのアーマースーツを見つけたことでスーパーパワーを得る。ハイメはメキシコ系アメリカ人のティーンで、映画版では三代目のブルービートルとなるキャラクター。
『Blue Beetle』は当初、HBO Max向けに制作されていたが、先日、2023年8月18日(北米)に劇場公開に変更となった。情報はあまり明かされていないが、「DC FanDome 2021」では、実写版ブルービートルのスーツのコンセプトアートが初公開された。
監督は『Charm City Kings(原題)』のアンヘル・マヌエル・ソト。脚本は『スカーフェイス』のリメイクのガレス・ダンネット・アルコセールが手がける。マリデュエニャとサランドンのほかには、

ブルーナ・マルケジーニ
ベリッサ・エスコベード
ハーベイ・ギーエン
ジョージ・ロペス
アドリアナ・バラッザ
エルピディア・カリロ
ダミアン・アルカザール
ラオール・トゥルヒロ 

などが出演する。

『Blue Beetle』をスクリーンで観るのは2023年まで待たなければならないが、2022年に『Mortal Kombat Legends: Scorpion's Revenge』のリック・モラレス制作の「ブルービートル」の短編アニメーション映画がリリースされる予定となっている。

コメントは受け付けていません。