『ソー:ラブ&サンダー』最新トレーラーが『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』との関係を示唆するとファンが指摘(IGN JAPAN)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:IGN JAPAN

マーベルのファンは『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』内のイースターエッグと「マイティ・ソー」シリーズ4作目『ソー:ラブ&サンダー』のティザートレーラーの繋がりを発見したのかもしれない。
Redditユーザーのu/l_l_l-illiamは『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』内のワンシーンで、ディスプレイの下部にテロップが流れているニュース番組のスクリーンショットを投稿した。テロップの1つに「新アスガルドでは政治的混乱が続いている」というものがあった。u/l_l_l-illiamは同時に『ソー:ラブ&サンダー』のティザートレーラーから、各国の代表が出席中の会議の様子を映している画像をシェアした。

「ソー:ラブ&サンダー」画像・動画ギャラリー

まばたきすると見逃してしまうような一瞬で終わるその映像は、『ソー:ラブ&サンダー』の最新トレーラーの1:00で確認できる。ファンの間では、そのシーンはu/l_l_l-illiamが投稿した『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』内のイースターエッグと関係があるだろうと話題になっている。また、別のRedditユーザーが会議が行われている部屋で「再生可能エネルギーカンファレンス」のロゴを見つけたなど、新アスガルドの政治的混乱の理由をめぐっても白熱した議論が繰り返されている。
これらの推測は、ニュースの見出しが全部映し出される前にテロップが切り上げられており、新アスガルドにおける混乱の背景が明らかにされていないという興味深い事実により、さらに拍車をかけられている。テロップは「のため、新アスガルドでは政治的混乱が続いている(Political turmoil continues in New Asgard as)」で終わっており、「as(のため)」の後ろにその理由が続いているはずなのだが、テロップが途中で切り上げられたので、背景がまったくわからなくなっていると多くのファンは指摘している。
一方、画面が切り替わる直前の一瞬に、「as」の後ろに微かに見えるアルファベットの「Z」がラッセル・クロウ演じる『ソー:ラブ&サンダー』のゼウスを指し、混乱の背景についてほのめかしているのではないかと主張する一部のファンもいる。
『ソー:ラブ&サンダー』のトレーラーではクロウ演じるゼウスがアイコニックなライトニングボルトをつかむ後ろ姿と、その直後にゼウスがギリシャの神々の街であるオリンポスを彷彿とさせる巨大アリーナで喝采を浴びるシーンが一瞬だけ登場している。しかし、ゼウスやソーがMCUにおいて実際に文字どおりの“神”であるかどうかは、Disney+で配信中の新作ドラマ『ムーンナイト』における月の神「コンシューのディレンマ」により、議論の余地が残されている。「コンシューのディレンマ」については、こちらの英語記事で詳述しているので、英語の読解力に自信のある読者にはその記事をチェックしてほしい。

『ソー:ラブ&サンダー』では主演としてソー役を務めるクリス・ヘムズワースのほか、ナタリー・ポートマンやラッセル・クロウ、クリスチャン・ベール、テッサ・トンプソン、カレン・ギラン、ジェイミー・アレクサンダー、クリス・プラット、ショーン・ガン、タイカ・ワイティティらが出演している。本作は『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』の劇場公開の約2カ月後、Disney+における『ミズ・マーベル』の配信開始の1カ月後にあたる2022年7月8日に封切りされる予定となっている。

コメントは受け付けていません。