成田凌主演『あなたに聴かせたい歌があるんだ』、人生の分岐点で揺れる姿を切り取る予告&ポスター解禁(クランクイン!)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:クランクイン!

俳優の成田凌が主演を務める、Huluオリジナルドラマ『あなたに聴かせたい歌があるんだ』(Hulu/5月20日より全8話一挙配信)より、後悔と夢の分岐点で揺れる6人の姿を切り取るデジタルポスターと本編予告映像が解禁された。

【動画】成田凌、伊藤沙莉ら『あなたに聴かせたい歌があるんだ』本編予告映像

 小説家・燃え殻が映像化のため書き下ろした本作は、17歳と27歳という年に人生の分岐点を迎えた者たちが抱く夢と葛藤、そして後悔を描き、正解が出づらい現代社会を痛々しくもみずみずしく映し出す群像劇。主演の成田が、役者の夢を諦めた平凡な27歳のサラリーマン・荻野智史を演じるほか、伊藤沙莉、藤原季節、上杉柊平、前田敦子、田中麗奈らが出演する。監督は『東京喰種トーキョーグール』『サヨナラまでの30分』の萩原健太郎。

 公開されたデジタルポスターは、「その後悔は、ぼくたちが未来をはじめる合図だった」というキャッチコピーと共に、人生の分岐点に立たされた6人の物憂げな表情が、さかさまの都会の夕暮れの中に浮き彫りになる。

 物語は10年前―、高校2年の夏の日、女教師(27)の赤い下着姿のエロ本が教室に貼り出され、クラス全員が彼女を冷やかし、好奇のまなざしを向ける。その時、女教師は唇を震わせながら「皆さんもこれから10年経ったら、必ず27歳になります。その時に後悔することが、私なんかより一つでも少ないことを私は本気で願っています」と告げ、キリンジの「エイリアンズ」を流し、そのまま学校を去る。本作は、この時に同じ教室にいた生徒5人と女教師1人の10年間の人間模様を描いた物語。何の因果か、女教師が予言でもしたかのように「27歳」という年に、教室にいた生徒5人の人生が大きく動き出す。

 今回初解禁となる予告映像は、成田演じる荻野の「あの日、あの教室で、僕らの人生は何かが変わっていたのかもしれない」というモノローグとともに、高校の教室にいる制服姿の彼らと赤い下着姿のエロ本を破る女教師のセンセーショナルなシーンから始まる。

 あの時、先生が訴えかけた「27歳」という呪いのような意味深い言葉、そして次々に映し出される27歳になった彼らが経験する現実、そして、「夢を諦めるのは、夢を諦めないより勇気がいった」という片桐の言葉をキーワードに、映像は展開していく。彼らはどんな10年を過ごし、何を選択してこれから生きていこうとするのか。各話ごとにフォーカスされる彼らの人生のほんのひとかけらを切り取っている。

 さらに、リリースから20年以上の時を経てなお、世代を超えて熱狂的なファンを持つキリンジ「エイリアンズ」が、物語のキーとなるテーマ曲として印象的に流れる。

 Huluオリジナル『あなたに聴かせたい歌があるんだ』は、Huluにて5月20日より全8話一挙独占配信。

コメントは受け付けていません。