『with』連載「わたしが27歳だったころ。」書籍化 時代をつくる女性25人のヒストリーが一冊に【冒頭全文公開】(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

ファッション誌『with』(講談社)で連載されていた「わたしが27歳だったころ。」をまとめた書籍『わたしたちが27歳だったころ 悩んで、迷って、「わたし」になった25人からのエール』が、22日に発売される。

【写真】ショーパン×ブーツで“絶対領域”を披露する山口智子

 本書に登場するのは、俳優、映画作家、脚本家、宇宙飛行士、映画字幕翻訳者、ドラマプロデューサーなど、さまざまな職業で活躍する25人の女性たち。27歳だった頃、何に悩み、どんな生き方を選択し、今何を思うのか――。時代を作り、活躍する女性たちが語る「わたし」ヒストリーを一冊にまとめた。

 3月発売の5月号で定期刊行が終了となったが、40年以上にわたり「働く20代」に寄り添い、応援し続けてきた『with』から、働く女性たちへの最後のエールとなる本書について、ORICON NEWSでは6日間にわたって一部誌面を公開する。

 第1弾は、本書への思いがつづられた冒頭の「はじめに」と「目次」。

■『わたしたちが27歳だったころ 悩んで、迷って、「わたし」になった25人からのエール』
・はじめに

雑誌withの連載『わたしが27歳だったころ。』がスタートしたきっかけは、読者層の平均年齢が27歳だったことにあります。私たち編集部員も20代後半は迷いが多かった記憶があり、現在さまざまな分野で活躍する先輩方に当時の話を聞くことで、読者の背中を押すことができるのではないか、と。そう考えて始まった連載では、それぞれの言葉で、「キツかった」「苦しかった」「失敗続きだった」と、社会人になって初めての大きな挫折が、20代後半に訪れていたことが語られました。でも、それでも前向きに生き、その経験一つ一つを大事にしている姿がありました。
 西洋占星術には、「28歳成人説」というものがあるそうです。西洋の星占いは、人が生まれ落ちた瞬間の星の配置を基準に、その人がどんな使命を背負い、どんなタイミングで試練がやってくるかなどを読み解く、一種の統計学のようなものです。今自分がどの方向に進むべきか、何を選択すれば、未来がどう変わるのか、等々……、星が教えてくれるものは全て、決定事項ではなくあくまでサジェスチョン。だから、星占いに頼るときは、まず、「自分がこの先どうしたいか」「自分は何が好きなのか」を明確にする必要があるのです。
 そして“28歳が成人”と言われるのは、土星が、約28年かけて太陽の周りを一周するからだとか。占星術における土星の役割は、要所要所でその人の人生を豊かにするための“課題”を与えること。27歳という年齢が、ほとんどの人にとって生きづらい時期なのは、成人一歩手前の、最終課題をクリアするタイミングだからなのかもしれません。
 「豊かな人生」の定義は人それぞれ。何の障害にもぶち当たらない、最後までイージーゴーイングな人生などたぶん存在しないし、本書を読めば、先輩たちのほとんどが、27歳前後で大きな壁にぶつかり、選択を迫られ、焦ったり迷ったりしていることもわかります。だからこそ誰もが“みっともない自分”を曝け出しながら、それを大人の余裕で笑い飛ばし、「私も同じだったよ。頑張って!」とエールを送ってくれたことが、救いのように感じられるのです。自分たちの経験が少しでも誰かの役に立つように─。惜しみない愛情を持って、自分の挫折や失敗談を語ってくれたその姿には、取材する私たちも毎回、胸が熱くなってしまう瞬間がたくさんありました。
 25人の豊かな経験の中には、年齢や職業、性別にかかわらず、心の底から共鳴できる言葉や生き方が、きっと見つかるはず。この本が、人生という旅の途中で、「本当のわたし」や「本当の幸せ」を探すためのガイドのような役割を、果たしてくれることを願っています。

2022年4月 with編集部

コメントは受け付けていません。