SixTONES・高地優吾、井ノ原快彦『特捜9』初出演 「高地家にとって一番の喜び」(クランクイン!)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:クランクイン!

今夜4月20日21時放送される井ノ原快彦主演のドラマ『特捜9 season5』(テレビ朝日系)の第3話に、SixTONESの高地優吾がゲスト出演。どこか影のある一匹狼の若き舞台俳優を演じる。

【写真】Snow Man向井、深川麻衣が新たな化学反応を 井ノ原快彦『特捜9 season5』第1話場面写真

 2018年4月のスタート以来、難事件に挑む刑事たちの活躍のほか、その背景にあるそれぞれの人生模様を“縦軸”としてしっかりと描いてきた『特捜9』。新章である『season5』も、浅輪直樹刑事(井ノ原)を筆頭とした個性が強すぎることでおなじみの特捜班メンバーが、相変わらず衝突しながらも、事件解決という同じ意識を共有し、全力で捜査に当たる。

 今回、高地が演じるのは、殺害された著名な演出家の男性が手掛ける舞台の主演を決めるオーディションに最終選考まで残っている若き舞台俳優・白羽行人。一本芯が通り、ウソのつけない性格がゆえに、たびたび周囲と衝突。煙たがられる一面もあるが、バイトに励みながら役者道をまい進するなど、演技にかける思いは並々ならぬものを持っている。しかし、生粋の一匹狼な気質が災いし、容疑者として怪しまれて…。そして、なぜか特捜班の矢沢英明(田口浩正)から気にかけられるのだった。

 高地の父親は本作の前身ドラマ『警視庁捜査一課9係』の頃からのファンで、高地自身も父親と一緒に放送を見続けていたという。それだけに高地は、ゲスト出演が決まった時は「高地家にとって一番の喜びになる!」と、親孝行も視野に入れ準備してきたが、反対にファンだからこそ「父親からのダメ出しもすごそう」と複雑な心境を吐露した。

 そんな高地の現場での姿を、井ノ原も頼もしく見ていたようで「行人は“動ける人”でないと演じられないと思っていましたが、高地くんが扮すると聞いて、ピッタリだなと思いました」と回想する。

 今回は、井ノ原が指摘する「“動ける人”でないと演じられない」というコメントのゆえんでもある、アクロバティックな殺陣のシーンも。高地の切れのあるアクションも見どころだ。

 高地は「師匠のような演出家の方に対して、その人が今まで築いてきたものから、新しい時代に塗り替えたいと思い、強い意思を示す際の行人の葛藤であったり、彼の芯の通った生き方であったりというのは、今の若い方にもきっと響いて、楽しんでいただけるはず」と自信をのぞかせる。

 ドラマ『特捜9 season5』は、テレビ朝日系にて毎週水曜21時放送。

 コメント全文は以下の通り。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

                                      バ イ セ ル

がおすすめ。


コメントは受け付けていません。