竹中直人「俺もおじいさん」 年齢重ねて志尊淳ら若手俳優陣が“かわいい”存在に(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

俳優の玉木宏、川口春奈、MEGUMI、竹中直人が19日、映画『極主夫道 ザ・シネマ』(6月3日公開)のカチコミ!最速試写会の舞台あいさつに参加した。

【集合ショット】玉木宏&川口春奈&MEGUMIら豪華キャスト陣が登場!

 ド派手なゴールドのジャケット姿で登場した竹中は、冒頭のあいさつで「玉木宏さんの、うなじがスゴくキレイで…。ここから見たら、スゴくきれいなラインで感動した」とうっとり。玉木は「何を…」とツッコミつつも「竹中さんもキレイですよ」と互いに褒め合い、会場を和ませた。

 2020年に放送された連続ドラマと同じキャストがそろった。特に、竹中は「(志尊)淳くんとは3回目ぐらいの共演で、ずっと舞台も一緒にやったりしていた」と関係性を語り、さらに「もう、かわいくて、かわいくて…。俺もおじいさん。淳とかの青年を見るとかわいくて、かわいくて。みんなのことがかわいいと思う年になった自分が悔しい」とぽつり。志尊は竹中がアドリブを入れると、うれしそうに応じるという。「その顔が忘れられないですね」とほほが緩みっぱなしだったが、「今回は2人の絡みが全然なくて、ちょっと残念だった。それが悔しくて」と残念そうな表情をして、笑いを誘っていた。

 本作は、同名コミック(著:おおのこうすけ/新潮社バンチコミックス)を実写化し、2020年に読売テレビ・日本テレビ系列で放送された連続ドラマの映画版。数々の伝説を残した最凶の極道 “不死身の龍(読み:たつ)”が、足を洗い選んだ道はなんと専業主夫。極道時代の外見や言動が抜けておらず、強面にグラサン、スーツの上に柴犬のキャラクターがプリントされたエプロンを身につけ、高すぎる主夫力で料理、洗濯、掃除など家事全般をこなし、時にはご近所のトラブルに奮闘する。


コメントは受け付けていません。