アニメ映画『DC がんばれ!スーパーペット』松岡茉優、チョコプラ松尾駿が参加(オリコン)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:オリコン

「トムとジェリー」をはじめ数多くの名作アニメーションを生み出してきたWAG(ワーナー・アニメーション・グループ)の最新作『DC がんばれ!スーパーペット』(8月26日公開)の日本語吹替版のキャストに、俳優の松岡茉優、お笑いコンビ・チョコレートプラネットの松尾駿が参加していることが明らかになり、特報が解禁となった。

【動画】アニメ映画『DC がんばれ!スーパーペット』特報

 人間が知らない間に突然“スーパーパワーを手に入れてしまった、ちょっとドジなペットたち”の未知なる大冒険を描く本作。松岡が演じるのはちょっとドジな“スーパーペット”の一員で、“カラダの大きさを変幻自在に操れる”夢も心もビッグな乙女のブタさん・PB(ピービー)。

 台本を読んだ時に感じたPBの印象について松岡は「こんなに愛おしく、大好きだって思えるのは、彼女の優しいところや、屈託のないところが私にも影響したんだなと思って大事に演じました」とキャラクターへの愛を語ると共に、「急にスーパーパワーを得るシーンは特に印象的で、ほかのみんなは混乱しているんですけど、PBだけは『ラッキー! こんなこともあるんだ~!』とちょっと天然ぽいところがとても愛おしくて、大丈夫! 私できる!とポジティブに進んでいく姿にすごく励まされました」と魅力を語った。

 本作のペットたちのように、もし自分にもスーパーパワーが手に入るとしたら、どんなパワーが欲しいかといえば、「PBのパワーも魅力的ですが、私は大変横着ものなので、物が吸い寄せられる能力が欲しいです(笑)」と意外な願望を明かしている。

 一方、松尾は、同じく“スーパーペット”たちの仲間で、話し方がゆっくりでのんびり癒し系だけど、目にも留まらぬ“超高速で移動する“カメのマートンを演じる。自身の役が“おばあちゃんカメ”だったことについて、「性別と年代を超えた、自分とは全然違う役を演じるのが大変でした」と苦労を明かし、「僕ちょっと声が高いので、元気よくやるとおばあちゃんっぽくなくなるので、低い声のままテンションを高く演じるのが大変でした」とアフレコ時に工夫した点を語っている。

 起用された理由が、見た目が少し似ていること、性別と年齢を超越したキャラクターだったと聞いて松尾は、「言われてみたら似ていますね(笑)。目と体のフォルムが似てるのかな。やっとしっくりきました(笑)」と、自身とキャラクターの共通点を再認識して納得!? ほしいスーパーパワーは「極度の方向音痴なので、地図が見られる能力がほしい」とのこと。「たまに仕事で行ったことがない場所に電車で行く時は、相方の長田さんが着く一本前の電車に乗って、待ち伏せして後をついて行っていたので(笑)」と、意外なエピソードを明かしていた。

 解禁となった特報映像は、宇宙の果てから真っ暗な室内にオレンジ色に光る何かが落ちてくるシーンから始まる。その光は床一面に広がり、それを見つめるゲージの中のペットたち…すると突然、ペットたちにスーパーパワーが!? 背中にマントをまとった「空飛ぶ犬・クリプト」(吹替:楠大典)、カラダの大きさを自在に変えられ、床を突き抜けるブタの「ビッグ&スモール・PB」(吹替:松岡)、すさまじいスピードで移動する「超高速カメ・マートン」(吹替:松尾)、手から電撃を放つ「電撃必殺リス・チップ」(吹替:梶裕貴)。

 さらにブルーのスカーフが印象的な犬「ミサイルドッグ・エース」(吹替:高木渉)を加えたちょっとドジな5匹が、全然使いこなせないスーパーパワーを武器にチームを結成!

 そんな彼らの前に現れたのは見た目がとってもキュートな子猫のウィスカーズ。しかし、この子猫、狙った獲物は逃がさない“あざとかわいいヒットニャン”だった! ふさふさのしっぽから放たれるマシンガンで狙われ大ピンチ! 果たして彼らは一体どうなる!? スーパーパワーを使いこなせず悪戦苦闘するちょいドジなスーパーペットたちを応援したくなるナレーションの声は、リスのチップの声優を担当する梶が務めている。

【広告】 更年期?

《経典薬方》附桂八味丸

・膝や腰など関節に痛みがある方に
・排尿時における障害を感じる方に

膝、腰の痛みや弱み、排尿障害などの症状に。

コメントは受け付けていません。