石田ひかり×阿佐ヶ谷姉妹・渡辺江里子、同い年の2人が語る『悪女(わる)』の魅力(クランクイン!)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:クランクイン!

女優の今田美桜が主演するドラマ『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』(日本テレビ系/毎週水曜22時)より、30年前に放送された同作で主演を務めた石田ひかりと、阿佐ヶ谷姉妹の姉・渡辺江里子が作品の魅力を語り合うインタビューコメントが到着した。

【写真】実は同い年! 石田ひかり&渡辺江里子が『悪女(わる)』の魅力を語る

 深見じゅんによるロングセラー少女漫画『悪女(わる)』を30年ぶりに再びドラマ化する本作は、ニッポンのお仕事を明るくするラブ・ジョブ・エンターテインメント。今田演じるポンコツだけど型破りな新入社員・田中麻理鈴が、部署を転々とする中、出会う社員の問題を解決していく。

 本作には、30年前に「初代マリリン」を演じた石田ひかりが、人事部の夏目課長役で特別出演。また高校時代から原作漫画の大ファンという阿佐ヶ谷姉妹の姉・渡辺江里子が、カスタマーサポート部に勤務する三瓶(さんぺい)花子役で出演している。

 お互いの演技を振り返って石田は、「本当にお芝居が上手で本当に驚きました。東京乾電池にいらっしゃったから、当然なんですけど」と渡辺の演技力に太鼓判。一方渡辺は「畏れ多い…」と謙遜しつつ、「個人的に高校時代から、『悪女(わる)』の大ファンだったので、マリリンが成長して、立派になって! みたいなおばちゃん的な感覚もありつつ、何というかパラレルワールド的に違う形で、石田さんが存在されていることが…色んな意味で感慨深く感じました。本当にありがとうございます(笑)」と感謝した。

 また、令和版『悪女(わる)』の魅力について石田は「『カット!』ってかかった後に、現場で笑いが起こるんですよね。それはもう、作品が持つ力であったり、美桜ちゃんが持つ力であったり、すごく雰囲気のいい現場なんですよ」とコメント。渡辺は「今回私が演じた三瓶花子も、地味にガンバっておりますので、是非ご覧ください」とメッセージを寄せている。

 水曜ドラマ『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』は、日本テレビ系にて毎週水曜22時放送。

 インタビューコメント全文は、以下の通り。

【広告】

 ZAFUL

  注目のレディース・ファストファッション通販





ZAFULは欧米を中心に

レディースファストファッションを

提供しているサイトです。

コメントは受け付けていません。