おいでやすこがのケーキをパティシエ・鎧塚氏が絶賛「チームワークが悪いのが良かった」(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

お笑いコンビ・おいでやすこが(おいでやす小田、こがけん)、パティシエの鎧塚俊彦氏、俳優の坂井真紀、工藤阿須加が18日、Amazon Original クッキング・リアリティー番組「ベイクオフ・ジャパン」シーズン1配信直前記念イベントに出席した。

 22日から配信される同シリーズは、イギリスで社会現象を巻き起こした人気番組『ブリティッシュ・ベイクオフ』の日本版。総勢10人のアマチュアベイカー(以下ベイカー)たちがお菓子やパン作りの腕を競い合い優勝者を決めるクッキングコンテストで、Prime Videoでは初のクッキング・リアリティ番組となる。坂井、工藤は同シリーズのホストとして出演する。

 イベントではおいでやすこがと坂井&工藤コンビでケーキのデコレーション対決をすることに。元板前の経歴を持つこがけんは「もちろん勝ちにいきますけども、お菓子はあんまりやったことないので、そんな初挑戦を目の前で鎧塚さんが見ているのが地獄ですね」と緊張。小田も「ほとんど経験ないので足を引っ張る形になるかもしれない」と不安を見せる。

 デコレーションがスタートし、ケーキを半分ずつ分けて担当することとなった2人だが、なかなか噛み合わず、最終的に全く飾れていない部分ができてしまい、制限時間が終了に。田作り感と桜の木、そして小川を表現したというおいでやすこがのケーキだったが、鎧塚氏の審査では「遠くから見ていたよりもなかなかいい。最近フランスではなにもしないところと飾るところでメリハリをつけるんですけど、これはこれでいいですね。チームワークが悪かったのがいい方向に働きましたね」と絶賛。

 その流れにもかかわらず、勝負に負けたこがけんは「もうちょっと(発表を)ためてもらえますか、流れるように発表しないで!」とツッコミ。小田も「3%くらい勝てると思ってた」と会場を笑わせていた。

コメントは受け付けていません。