江口のりこ、鶴瓶の“ウソ情報”にクレーム「私吉本にいたことなんてないですからね!」(オリコン)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:オリコン

俳優の江口のりこが、19日放送の日本テレビ系『ザ!世界仰天ニュース 身近な危険&凶悪事件2時間スペシャル』(後9:00)に出演する。

【写真】高橋文哉のモテ伝説に中居正広が対抗意識?

 数ヶ月前、MCの笑福亭鶴瓶のラジオを聞いていた友人から連絡をもらい、なぜか「大丈夫?」と心配されたという江口。心当たりのなかったためそのラジオを聴くと、「仕事が重なって忙しい」と江口が電話した会話を鶴瓶が驚くほど盛って語っていたそう。さらに「アイツのことをよく知っている」と続けた鶴瓶が、江口が吉本興業にいたと話していたと言い、「私吉本にいたことなんてないですからね!」とバッサリ。衝撃の勘違いに「ヤバい!(笑)」と一同騒然、鶴瓶が謝罪することになる。

 江口は20年ほど前に参加した舞台のオーディションでの失敗談も披露。持ち物に「白足袋持参」とあったが「当時は白足袋がよく分からなくて、なんでもいいと思って」足袋を買ったという。オーディションに向かうと、なんと日舞の先生と踊ることに。「着物に合わせる白い足袋だったんです。でも私が買ったやつ地下足袋やったんですよ」と絶妙なトークでその状況を振り返り、スタジオを盛り上げる。

 また江口とドラマ共演中の高橋文哉も登場。21歳の高橋にMCの中居正広が「モテるでしょ?」と尋ねると、中学生時代に「バレーボール部で部長をやっていて、中3の春はモテましたね」と語り、幼少期と中学生の頃のイケメンすぎる写真を大公開。中居は高橋のモテエピソードに負けじと、幼稚園の頃からモテていたと張り合い笑いを誘う。

 VTRでは、身近に潜む危険&身近に起こる爆発事件を紹介。悪ノリ夫の失態…ベランダで妻が大激怒、お風呂でくしとアレを間違えて絶句、ホットケーキ、ポテトフライ、洗濯機、生ラーメンが爆発、まさかの原因とは。ゲストの朝日奈央、マヂカルラブリー村上、狩野英孝、磯山さやかが再現ドラマで体を張って熱演する。村上は役柄に合わせてトレードマークのメガネを外し、髪型も変えて再現に挑戦するが「メガネがないとわからない!」「誰?」と総ツッコミを受ける。

 また東京オリンピックスケートボード女子ストリートで、日本人最年少の13歳で金メダルを獲得した西矢椛選手が初登場。オーストラリアを拠点にしてみたいという西矢選手に中居が理由を尋ねると「コアラがいるから(笑)」と無邪気な笑顔を見せる。さらにスタジオで生パフォーマンスも。オリンピックで披露した難技「ビッグスピンボードスライド」を一発で決めて見せ、スタジオ一同大興奮。どれくらいの練習でできるようになったのか聞かれた西矢選手は「遊んでたらできました」と答え、その天才ぶりで驚かせる。

【広告】

何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

新しい趣味が見つかるかも。

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

              「asoview!(アソビュー)」

にお任せ。

↓   ↓   ↓



コメントは受け付けていません。