『鎌倉殿の13人』第15回 “義時”小栗旬、謀反を起こした御家人たちと対峙(クランクイン!)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:クランクイン!

俳優の小栗旬が主演を務める大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(NHK総合ほか)第15回「足固めの儀式」が17日の今夜放送される。

【写真】八重(新垣結衣) は大きなお腹をおさえて苦しそうな表情 『鎌倉殿の13人』第15回「足固めの儀式」場面カット

 大河ドラマ第61作となる本作は、平安時代末期、伊豆弱小豪族の次男坊の出身でありながら、源頼朝と北条政子の結婚をきっかけに運命の歯車が回り始めた北条義時の半生を描く。脚本は三谷幸喜。

【第15回「足固めの儀式」あらすじ】

 源義経(菅田将暉)率いる一軍が迫っていると知った木曽義仲(青木崇高)は、後白河法皇(西田敏行)を捕らえて京に籠る。一方、鎌倉では御家人たちが謀反を計画。上総広常(佐藤浩市)も加わり、義仲の嫡男・義高(市川染五郎)を旗頭とし、都ばかりに目を向ける源頼朝(大泉洋)の失脚を企む。そんな中、義時(小栗旬)は御家人たちの計画を潰すために大江広元(栗原英雄)らと連携する。

 大河ドラマ『鎌倉殿の13人』はNHK総合にて毎週20時放送。BSプレミアム、BS4Kにて18時放送。

【広告】

      【FC東京】チケット販売



選手の顔と名前を覚えて、

「推しメン」を決めて、

スタジアムで熱い声援を送ろう!

コメントは受け付けていません。