「庵野秀明展」大阪で開催! 『シン・ウルトラマン』の主人公・斎藤工を音声ガイドに起用(クランクイン!)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:クランクイン!

監督・庵野秀明の展覧会「庵野秀明展」が、4月16日(土)から、大阪にあるあべのハルカス美術館で開催される。

【写真】超貴重! 「庵野秀明展」東京会場の様子

■アマチュア時代から最新の仕事までを網羅

 庵野は、総監督を務めた最新作『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が大ヒットとなった監督&プロデューサー。本展は、“庵野秀明をつくったもの、庵野秀明がつくったもの、そして、これからつくるもの”を見どころに、多彩な制作資料を余すところなく展示する世界初の展覧会だ。

 庵野の原点と彼がリスペクトするものとして、『ウルトラマン』や『仮面ライダー』、『宇宙戦艦ヤマト』や『機動戦士ガンダム』など、庵野秀明が幼少期から敬愛する漫画、アニメ、特撮作品にまつわる貴重な資料を一挙展示。庵野が敬愛する映像作品を振り返ることで、“庵野秀明をつくったもの”を体感できる。

 また、無名だったアマチュア時代から、一世をふうびした『新世紀エヴァンゲリオン』、そして興業収入100億円を超える記録となった『シン・エヴァンゲリオン劇場版』に至るまでを紹介。庵野が何を考え、つくってきたのか、数10年に及ぶ創作活動を門外不出の関連資料で辿り、映像制作にかける情熱と試行錯誤の過程を紐解いていく。

 さらに、「僕らがいなくなってもアニメや特撮が残るようにしたい」という思いで庵野が立ち上げた「ATAC(特定非営利活動法人アニメ特撮アーカイブ機構)」をはじめ、未来へ向けた継承のためのプロジェクトを紹介。そして、『シン・ゴジラ』、『シン・ウルトラマン』、『シン・仮面ライダー』の大型立像など、最新の仕事までを網羅する。

■大阪展から展開するコンテンツも

 大阪展では、音声ガイドとして映画『シン・ウルトラマン』で主人公を演じる斎藤工と、声優・山口由里子を起用。解説に三好寛、神村靖宏を迎え、本展の理解をさらに深めることができる内容となってる。

 それから、図録&グッズも用意。総展示点数およそ1500点を網羅し、約500ページという圧倒的なボリュームの図鑑をはじめ、大阪限定グッズなどを販売する。

【「庵野秀明展」概要】
日程:4月16日(土)~6月19日(日) ※音声ガイドは貸出料金600円(税込)が必要

【広告】

おいしく・楽しく

                                【カロセーブ】

健康的にダイエット

↓   ↓   ↓

【カロセーブ】で置き換えダイエット!

コメントは受け付けていません。