六本木で「アベンジャーズ展」がついにスタート! 見て、触れて、学べる展示に大興奮(クランクイン!)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:クランクイン!

アベンジャーズの世界観に満ちた展示を通じてMCUの世界に没入できる展覧会「アベンジャーズ展」が、4月16日(土)から、東京・六本木にある森アーツセンターギャラリーでスタートします。2014年7月にニューヨークで開催され、パリやロンドン、ラスベガスなど世界24都市(12か国・地域)で巡回されてきた展覧会が、いよいよ日本に上陸。今回クランクイン!トレンドは、4月15日(金)に行われた内覧会に参加。見るだけではなく、“触ることもできる”大興奮の展示の様子をお届けします。

【写真】いきなりマリア・ヒル登場! テンション上がる「アベンジャーズ展」内部の様子

■いきなりマリア・ヒル登場!

 今回開催される「アベンジャーズ展」は、ゲストが、スーパーヒーローに関する最高機密情報や先端科学に触れることができる高度科学トレーニング施設“アベンジャーズS.T.A.T.I.O.N.”の内部に足を踏み入れ、トレーニングを経て、<S.T.A.T.I.O.N.>の一員を目指すという設定のある展覧会。入口に入ると、S.H.I.E.L.D.の元副長官マリア・ヒル(コビー・スマルダーズ)からのメッセージ映像が流れ、われわれを迎え入れてくれます。バックで流れる『アベンジャーズ』のテーマ曲に、テンションは爆上がりです。

 訓練で行うことは、主に以下の6つ。

・アベンジャーズ各メンバーの誕生した背景や能力を明らかにする
・映画に登場したセット、プロップ、コスチュームに触れる
・キャプテン・アメリカの人事ファイルを見て、スティーブ・ロジャースを最初のアベンジャーに導いた最先端科学を探る
・アイアンマンのエンジニアリング・ベイを訪れ、アイアンマンのアーマーを至近距離で見る
・初めてハルクに変身したブルース・バナーの研究所を探検する
・ソーの天文台の中に入り、ソーのハンマーを持ち上げる資格があるかを試す

 マリア・ヒルのいたブリーフィングルームを抜けると、キャプテン・アメリカのエリア、ブルース・バナー博士のバイオラボ、アイアンマン先端工学研究所、ブラックパンサー&キャプテン・マーベルのエリア、ソーの天文台、アベンジャーズホール、収容室から成る全部で7つのエリアを通り、ファイナルゲームに挑むという内容です。なんといっても楽しいのが、本展覧会が見るだけでなく、実際に触ることができる展示物があるということ。

【広告】

 ZAFUL

  注目のレディース・ファストファッション通販





ZAFULは欧米を中心に

レディースファストファッションを

提供しているサイトです。

コメントは受け付けていません。