豊嶋花&長澤樹、新鋭ふたりが主演! 高校最後の夏、進路に迷う親友同士を演じる短編「冬子の夏」(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

2020年の伊参スタジオ映画祭でシナリオ大賞を受賞した作品を映画化する短編「冬子の夏」で、若手注目株の豊嶋花と長澤樹が主演を務めることがわかった。

【フォトギャラリー】若手注目株の豊嶋花

 本作は群馬・中之条町を舞台に、自然豊かな環境に囲まれ、のびのびと、しかし繊細に高校3年生の夏を過ごす冬子と親友・ノエルの姿を描く青春物語。高校最後の夏、進路を決められぬまま、だらだらと過ごす主人公・冬子を豊嶋、冬子の唯一の理解者であるノエルを長澤が演じる。

 高校最後の夏を迎えた、進路を決められない冬子と、その親友・ノエル。進学するのか、しないのか。この街を出るのか、出ないのか――ふたりは、騒がしい周囲に反するように、あえてのらりくらりと日々を送る。しかし冬子は、行く末を定めつつあるノエルの様子に、苛立ちや焦りを募らせる。行き着いた満開のヒマワリ畑で、ふたりの関係に変化が訪れる。

 豊嶋は、NHK大河ドラマ「八重の桜」、NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」、ドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち」「キッドナップ・ツアー」、映画「真夏の方程式」「恋妻家宮本」など数多くの話題作に出演。「大豆田とわ子と三人の元夫」では、主人公・とわ子(松たか子)の娘・唄を演じ、一躍注目を集めた。「人生に何度か訪れる転機で、周りに置いていかれているような、心細さを感じてしまうことがあると思います」と語る豊嶋は、「冬子は、そんな心細さを『弱み』として見せることができず、苛立ちをノエルにまでぶつけてしまいます。強がることは自分にとってマイナスになると分かっていても、そのときは見栄を張ることしか考えられない。そんなときが私にもあります。長閑なひまわり畑で少し成長する冬子を、繊細に演じられるように頑張ります」と意気込む。

 長澤は、渋川清彦主演の「破壊の日」で映画初出演を果たし、以降は短編映画「卵と彩子」、ドラマ「ノースライト」「閻魔堂沙羅の推理奇譚」「青のSP-学校内警察・嶋田隆平-」などに出演。長澤は、「初めて台本を読んだ時、冬子とノエルの『見てはいけないものを見てしまった』と言う様なハッとした気持ちになりました。不安定で危うい感覚と同時に繊細な心のゆらめきと感動がありました」と振り返る。さらに「私が演じるノエルは何処かふわふわとしていて『不思議』という言葉が似合う女の子だと思います。不器用にもがきながら確かめ合う『今だけの2人』を見ていただけたら嬉しいです」とコメントを寄せた。

 2017年から執筆活動を始め、18年に「テレビ朝日新人シナリオ大賞」、19年に「フジテレビヤングシナリオ大賞」、20年には「TSUTAYA CRETORS’ PROGRAM」の最終選考に残り、本作で初の大賞を受賞した煙山夏美が脚本を務める。「カラダカルピス」「WONDA」「アフラック」などのテレビCMを手掛けた新進気鋭のCMディレクター・金川慎一郎がメガホンをとった。

 「冬子の夏」は、8月に撮影が開始。11月に伊参スタジオ映画祭で初上映を予定しており、その後、順次公開される。脚本家の煙山と、金川監督のコメントは、以下の通り。

【煙山夏美】
 人と人とのつながりばかりが取り沙汰されがちな昨今ですが、人と人との距離感にこそあたたかいものがある気がしています。冬子とノエルの愛おしい距離感、しかめっ面の裏にくすぶる感情と、その爆発を、豊嶋花さんと長澤樹さんがどのように演じてくださるのか、楽しみでなりません。

【金川慎一郎監督】
 誰しもが経験する10代の内面の葛藤をジメジメせずに、今の時代にあった形で軽やかに表現したいと思います。いま10代真っ盛りの人も10代を遥か遠くに終わられた人も必ず楽しめる作品になると確信しています。

【広告】

新会社でも作れる

法人ETCカードは

         【ETC協同組合】

しかもスピード発行




コメントは受け付けていません。