ソニーとレゴ親会社がEpic Gamesへ20億ドルを出資(IGN JAPAN)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:IGN JAPAN

ソニーが、『フォートナイト』で知られるEpic Gamesに対し、さらに10億ドル(約1250億円)を出資する。これはメタバースへの投資を強化するのが目的であり、同社は一昨年から、すでに4億5000万ドル(約560億円)をEpic Gamesに出資していた。
ソニーグループ株式会社のCEO、吉田憲一郎は次のように述べた。「クリエイティブエンターテインメント企業として、今回の出資が、クリエイターとユーザーが共存するメタバース領域におけるEpicとのつながりを強化することを楽しみにしています」
「また、Epicの強力なゲームエンジンをはじめとする専門知識とソニーの技術が組み合わさることで、スポーツ分野におけるデジタル体験やバーチャル製品開発への取り組みが加速することになります」

「フォートナイト」画像・動画ギャラリー

Epic Gamesの創設者でCEOを務めるティム・スウィーニーはこう語った。「エンターテインメントと遊びの未来を再考するために、我々のビジョンを共有するパートナーが必要です。我々はそれをソニーとKIRKBIとの協力関係に見出しました」
「今回の出資によって、メタバースの構築や、プレイヤーが友達と楽しく遊べる場を創造する取り組みが加速するとともに、クリエイティブかつ夢中になれる体験が生み出され、クリエイターはコミュニティを盛り上げることができるようになります」

レゴの親会社であるKIRKBIも10億ドルを出資した。Epic Gamesとレゴグループがメタバース内で子供に優しい空間を作るための新たな提携を発表してから、わずか数日後のことだった。
Epic Gamesは昨年4月、ソニーが2億ドル(約250億円)を出資した際に、メタバースの構想を発表していた。自社のゲームを作る人々を支援しながら、ゲームの中でのソーシャルな体験を拡大することが目的だったという。
ソニーとKIRKBIからの巨額出資を受けてEpicが構築しようとしているメタバースは、相互接続性を主軸に展開している。スウィーニーの過去の発言によると、テック業界の大企業がデジタル空間をどんどん共有し始め、消費者にとってスムーズなオンライン体験を生み出すのを見たいとのことだった。
メタバースに乗り出しているゲーム会社はEpicだけではない。『PUBG: BATTLEGROUNDS』の開発元Kraftonも最近、NFTをベースとするメタバースをつくるために別のテック企業と提携しており、バンダイナムコは自社の「IPメタバース」開発に150億円を投じている。

【広告】

手ブラ寄せ機能で自然な谷間

            タニマドンナ

↓  ↓  ↓

補整下着の専門通販
HEAVEN Japan公式オンラインショップ

コメントは受け付けていません。