漫画家・石田スイ、“闇”を生きる「東京喰種」カネキ&ムーンナイトを描き下ろし(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

漫画家・石田スイが、自身の代表作「東京喰種トーキョーグール」の主人公“カネキ”こと金木研と、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)に誕生した新たな“闇”のヒーロー“ムーンナイト”を描き下ろした特別ビジュアルが公開された。

【動画】オスカー・アイザック特別コメント

 ディズニー公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」で配信中のマーベル・スタジオのオリジナルドラマシリーズ『ムーンナイト』(毎週水曜午後4時より新エピソード配信)。混在する複数の人格を持つムーンナイトは、“MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)史上最もダークで、ミステリアスなヒーロー”とされる。「白い狂気を身に纏え」という言葉の通り、純白のスーツに身を包み、闇のような黒をバックにするムーンナイトとともに、 純白の髪と鮮やかな赤色を背負うカネキが並び立つ、“闇”を生きる者同士の企画が実現した。

 本作の主人公は、国立博物館のギフトショップで働く、優しい心を持つ穏やかな男スティーヴン・グラント。夜通し悪夢にうなされ、身に覚えのない“狂気に満ちた残酷”な記憶が蘇るなど、怯える日々を過ごしていた。頭の中に響くのは“もう一人の自分”の声…。

 コントロールできない“凶暴で残虐性に満ちた”人格マーク・スペクターに支配され、マークに“ある力”が宿る時、純白のスーツに身を包んだ闇のヒーロー〈ムーンナイト〉が誕生する。

 一方、「東京喰種トーキョーグール」のカネキといえば、人間の死肉を喰らう怪人“喰種”が潜む街、東京を舞台に、ある事故がきっかけで“喰種”の内臓を移植され、半“喰種”となってしまった大学生。

 『ムーンナイト』のスティーヴンと同じく温厚で内向的な性格のカネキだったが、人間と喰種の狭間でもがき苦しみながら、さまざまな境遇の“喰種”たちと触れ合ううち、悲しみの連鎖を断ち切ろうと衝撃の決断を下し、次第に、敵対者には容赦しない冷徹かつ攻撃的な一面も覗かせていく…。

 二面性を携えた者同士の今回の特別ビジュアルについて、以前からマーベルになじみがあったという石田は「『MARVEL VS. CAPCOM』というカプコンがつくった格闘ゲームを友だちとやったのが初めて触れ合ったマーベルの文化です」と振り返りつつ、『ムーンナイト』については、「ダークな世界観、美しい映像と“睡眠障害”や、“狂気”というキーワードにとてもひかれました。『スター・ウォーズ』に出演していたオスカー・アイザックが演じるスティーヴンがどんなヒーローになるのか。とても楽しみです」と、期待を寄せる。

 さらに、石井は先週配信されたばかり本作を鑑賞し、「もしかしたらマーベルヒーローのなかで一番好きになるかも……と思いました。スピード感のあるアクション、ヒーローと呼ぶには泥臭いバイオレンスシーン、作品のもつダークな魅力を存分に感じました。主人公スティーヴンの悲哀を孕んだコミカルなキャラクターもとても好み。続きを観るのが楽しみな作品ができました!」と、かなり気に入ったようだ。

 描き下ろしビジュアルについても「カネキと並べて描かせていただきました。 興味のある分野の知識をため込んでいて、自分の世界観を持っているけど、うだつの上がらない感じ。スティーヴンとカネキの似ているところかもしれません」と、共通点も指摘していた。

【広告】 更年期?

《経典薬方》附桂八味丸

・膝や腰など関節に痛みがある方に
・排尿時における障害を感じる方に

膝、腰の痛みや弱み、排尿障害などの症状に。

コメントは受け付けていません。