すべてのXbox Oneモデルが2020年末に生産終了していた(IGN JAPAN)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:IGN JAPAN

マイクロソフトは、2020年末にすべてのXbox Oneコンソールの生産を終了していたことを明かした。
The Vergeの報道によると、マイクロソフトは新世代機の生産に注力するためにXbox Oneの生産を終了したという。「Xbox Series X|Sの生産に専念するため、2020年末までにすべてのXbox Oneコンソールの生産を終了しました」と声明に書かれている。

「Xbox One」画像・動画ギャラリー

マイクロソフトは、2020年にXbox Series X|Sを発売する数カ月前に、すべてのXbox One XとXbox One S All Digital Editionの生産を終了したと発表していた。しかし、最新のコメントでは、ディスクドライブ搭載のXbox One Sの生産も、わずか数カ月後に終了していたことが示されている。
世界的に電子機器の部品が不足するなか、Xbox Series X|Sの生産に全面的に注力することで、供給問題を緩和できている可能性がある。
この生産終了については、ソニーが当初の予定よりも多くのPS4を生産する予定だと報じられた直後に明らかになった。ソニーは、2021年末にPS4の生産を終了する予定だった。しかし、PS5の品薄が続いていることから、もうしばらくの間、旧世代機の生産を続けなければならなくなったようだ。

Bloombergによれば、「旧世代機はそれほど高機能な半導体を使用しておらず、生産も簡単で、PS5の低価格な代替品になる」という理由でこの決断に至ったという。問題に対処するため、合計でさらに100万台のPS4が生産される見込みだ。ソニーの匿名の社員によれば、「供給不足を補い、PlayStation離れを防ぐ」ことが狙いだという。
あわせて、Xbox Game Passの1月のラインアップもチェックしてみよう。

【広告】

                              SUGAR BISKET

大人可愛いアパレル&シューズを

お手頃プライスで豊富に取り揃えました!

お気に入りのアイテムがきっと見つかる♪

 

コメントは受け付けていません。