ホバーボードで戦場を駆け回れ!60人対戦のマルチプレイFPS『LEAP』がPS/PC向けに開発中で、PC向けベータの応募も受付中(IGN JAPAN)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:IGN JAPAN

カナダのBlue Isle Studiosは自身が開発する『LEAP』のアナウンストレーラーを公開した。ゲームはPS4/PS5/PC向けにリリース予定。PC版は2022年1月19日よりクローズドベータテストを実施予定で、公式サイトではベータの受付が始まっている。PC版はSteamにて早期アクセスで2月に配信され、ストアページの記載からすると日本語を収録する模様(公式ニュース)。価格は不明だが、Steamのストアページの記述からすると買い切り型タイトルになるようだ。
PS4/PS5版の存在については公式サイトで具体的な記述がないが、PlayStationの海外公式YouTubeチャンネルが動画をアップしている。PS版のトレーラーではベータの予告がないので、ベータはPC版のみの実施になるかもしれない。また、配信時期についてPS版トレーラーではCOMING SOONとだけ書かれていて、PC版より遅れての配信になる可能性がありそうだ。

「LEAP」画像・動画ギャラリー

『LEAP』は最大60人での対戦がたのしめる、大規模マルチプレイFPS。世界観はSFでチームメイトとの連携やアビリティ、各種装備やビークル、ホバーボードといった要素が特徴になっているようだ。トレーラーではさまざまな移動技術やホバーボードによって、かなりスピード感のあるバトルが体験できるゲームになっているのだとわかる。
このゲームでは2つの陣営が存在する。プレイヤーは地球防衛多国籍連合(UEDC)か反逆組織のエクソテランに所属し、戦場でバトルすることになる。ホバーボードでは後方宙返りが可能になっているらしく、トレーラーでもそのシーンが出てくる。また、乗り物として機械化されたヘラジカがでるようだ。本作に登場する傭兵(プレイヤー)はそれぞれが個人車両を所有しているらしく、それによって素早く移動して敵との間合いを詰めるゲームになっているそうだ。

ゲームプレイにおいては、4つの兵科が選択できる。公式サイトの記述からするとPathfinder、Titan、Wraith、Tech Opsの4種類から選べるようだ。それぞれ、オールラウンダーでさまざまな戦闘シチュエーションに対応できる、ジェットパックが使用可能、ステルス状態で機動力がある、回復や防衛に特化しているといった特徴があるらしい。本作の兵士はエクソスーツに身を包んでおり、それによってアビリティが使える設定になっている。
本作はアビリティを駆使するヒーローシューターとスピード感のあるアリーナシューターの融合のようなゲームになっていそうで、個人的には『ハイパースケープ』を思い出させるゲームだ。『ハイパースケープ』のように、移動アビリティで動き回りながら敵を倒していくゲームが好きな人はベータに参加してみるとよさそうだ。余談だが、本作を開発するBlue Isle Studiosは『シタデル:永炎の魔法と古の城塞』(レビュー)で知られるスタジオになっている。

【広告】

体臭・口臭にお困りの方!   

多数のメディアで話題の消臭サプリ

                                        『shunax』
                                   もう気にならない!!

 



コメントは受け付けていません。