殺されても生き返る――殺人がほぼ不可能になった世界描くSFテレビシリーズ「The Dispatcher」制作へ(映画.com)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:映画.com

ザッカリー・クイントがナレーションを務める、米SF作家ジョン・スコルジーのオーディオブック「The Dispatcher(原題)」がテレビシリーズ化されることがわかった。米Deadlineによれば、ユーリ・シンガー(「テスラ エジソンが恐れた天才」)がドラマ化権を獲得している。

 オーディブルで配信されている「The Dispatcher(原題)」は、99.9%の人が殺されても生き返る、殺人がほぼ不可能になった近未来のシカゴが舞台。死の間際にある人々を再びこの世に送り返す資格を持つプロの派遣人トニー・ヴァルデスが、シカゴ警察のノナ・ラングドン刑事とともに殺害されかけた人々を救い、彼らの事件の背景にある犯罪を捜査するという物語だ。

 アメリカSFファンタジー作家協会の元会長であるスコルジーは、ヒューゴー賞を受賞した「レッドスーツ」や、「老人と宇宙」シリーズなどで知られる。ティム・ミラーとデビッド・フィンチャー制作総指揮のNetflixシリーズ「ラブ、デス&ロボット」ではスコルジーの短編小説3作がアニメ化されており、またNetflixでは「老人と宇宙」の映画化企画も進行している。

 なお、プロデューサーのシンガーは作家ドン・デリーロの小説「アンダーワールド」をNetflixと映画化する新作も抱えている。

コメントは受け付けていません。