ディーン・フジオカ、“日本のトム・クルーズ”の声に「すごい責任重大」(クランクイン!)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:クランクイン!

俳優のディーン・フジオカと女優の蒔田彩珠が12日、都内にて開催された映画『Pure Japanese』完成披露舞台あいさつに、坂口征夫、松永大司監督と共に出席。「日本のトム・クルーズになったらいいんじゃないか」と言われたディーンが「すごい責任重大」と笑う一幕があった。

【写真】ディーン「記者の皆さん『これはいいタイトルもらった』みたいな感じじゃないですか(笑)」

 本作は、過去のトラウマを抱えながらアクション俳優として生きる主人公が、両親のいない孤独な女子高生を救う王道ストーリーでありながら、主人公の持つ二面性も描くバイオレンス・アクション・ムービー。アクション俳優として働く立石をディーンが、女子高生・アユミを蒔田が演じる。

 主演であり、本作の企画・プロデュースも手掛けているディーンは「初めて企画プロデュースという形でフィルムメイキングという1つの文化と関わることができました」としみじみ。

 作品の完成を受け「シンプルに感動しました。作品をゼロから企画を立てて、本当に素晴らしい出会いに恵まれて、このクルーで作品を作っていって」と喜びを口にした上で、「フレッシュな感動をかみ締めながら、今日ここにたどり着くことができました」と万感の思いを吐露した。

 蒔田は、そんなディーンについて「ご自身の企画ということもあって、自分の役に対してもそうなんですけど、登場人物全員の役のことを考えて、本当にまっすぐ作品に向き合っている姿がかっこよかったです」とコメント。

 撮影に関しては「女子高生のアユミは自分に近いところは多かったんですけど、怖い人たちとやり合うシーンというのは刺激的でしたね」と振り返った。

 また松永監督は、ディーンに対して「日本のトム・クルーズになったらいいんじゃないか」と表現。

 ディーンは「記者の皆さん『これはいいタイトルもらった』みたいな感じじゃないですか(笑)。でもそれすごい責任重大ですよね」と笑い、「トム・クルーズさんのあの規模感ははるかかなたですけど、地道に一歩一歩やり続けることが大切なのかなと思っておりますので、引き続きピュアな精神でより良い作品作りを続けていけたらいいなと思っております」と決意を新たにした。

 映画『Pure Japanese』は1月28日より公開。

【広告】 更年期?

《経典薬方》六味地黄丸

・膝や腰に緩みまたは痛みを感じる方に
・口腔の潰瘍がある方に

膝・腰の緩みと痛み、口腔の潰瘍の改善に

コメントは受け付けていません。