Unreal Engineを使った、2022年に発売予定のゲームを紹介するトレーラーが公開!UE5の「S.T.A.L.K.E.R. 2」などが登場(IGN JAPAN)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:IGN JAPAN

Unreal Engine(以下、UE)を使った、2022年に発売予定となるゲーム群を紹介するトレーラーがEpic Gamesより公開された。YouTube動画の概要欄によると、2022年は50以上のUnreal Engineを使ったゲームがローンチ予定とのこと。
動画において、AAAタイトルでは『Ghostwire: Tokyo』や『Redfall』などが紹介されているが、『GIGABASH』などのインディーゲームも紹介されている。動画で紹介された各ゲームはUEの公式サイトでまとめられており、各ゲームのトレーラーのフルバージョンが視聴可能だ(スクリーンショットだけのゲームもある)。

「S.T.A.L.K.E.R. 2: Heart of Chernobyl」画像・動画ギャラリー

Epic Gamesでは、最近になって『フォートナイト』の開発をエンジンの最新バージョンとなるUE5に移行した。また、「マトリックス」を題材にしたUE5の技術デモ『The Matrix Awakens: An Unreal Engine 5 Experience』がPS5/Xbox Series X|Sにて配信されており、その実写のようなグラフィックで話題になった。
今回の動画はUEで動作しているゲーム群ということで、すべてのタイトルが最新のUE5の技術をフルに使っているわけではないだろう。今回のトレーラーのなかで、UE5を使って制作していると明言されているのは『S.T.A.L.K.E.R. 2: Heart of Chernobyl』だ(公式ツイート)。先述した「The Matrix Awakens」でわかった通り、UE5の技術は凄まじい。2022年以降はUE5の技術をふんだんに使ったゲームが実際に遊べるようになるはずなので、期待したい。

【広告】

     キレイになれて謝礼金までもらえる、

ありえないおトク情報ここにあり!



株式会社アイグロー

コメントは受け付けていません。