振付家に注目する「Choreographers」、第1弾は下島礼紗・松木萌・横山彰乃(ステージナタリー)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:ステージナタリー

「『Choreographers2021 次代の振付家によるダンス作品トリプルビル&トーク』KYOTO CHOREOGRAPHY AWARD 2020受賞者公演」が、12月30日に京都・ロームシアター京都 サウスホールにて開催される。

「Choreographers」は、コンテンポラリーダンスの振付家にフィーチャーした、JCDNの新シリーズ。その第1弾として「KYOTO CHOREOGRAPHY AWARD 2020」の受賞振付家3名による作品を上演する。

演目は、下島礼紗振付の「sky」、松木萌振付の「Tartarus」、横山彰乃振付の「海底に雪」。「sky」では、連合赤軍事件から想を得てイデオロギーをテーマにした作品世界が繰り広げられ、「Tartarus」では、地獄の神タルタロスをモチーフに、生と死を見つめた作品が展開。“海”をモチーフにした「海底に雪」では、「どれだけ本当のことを見ることができるのか」に迫る。

なお上演前には、「社会とコンテンポラリーダンス作品との関係!?」と題し、舞踊評論家の石井達朗、朝日新聞社 編集委員の吉田純子によるプレトークが実施される。

■ 「『Choreographers 2021 次代の振付家によるダンス作品トリプルビル&トーク』KYOTO CHOREOGRAPHY AWARD 2020受賞者公演」
2021年12月30日(木)
京都府 ロームシアター京都 サウスホール

□ 下島礼紗「sky」
振付・構成・演出:下島礼紗
出演:伊藤勇太、小泉沙織、中澤亜紀、志村映美、秋田満衣、平田祐香、水口結、水澤茜嶺、宮本蓮生、木頃あかね、下島礼紗

□ 松木萌「Tartarus」
構成・演出・振付:松木萌
出演:黒田健太、松木萌

□ 横山彰乃「海底に雪」
振付・演出:横山彰乃
出演:後藤ゆう、吉野菜々子、横山彰乃 / 斎木穂乃香

【広告】

                                株式会社宝島社

<宝島社ストア>雑誌×ブランドコラボiPhoneケース

 

人気ブランドとコラボした

iPhoneケースを販売中

 宝島社ストアだけの限定デザイン

 



 

コメントは受け付けていません。