松山ケンイチ、藤原竜也と15年ぶりの本格共演ですごさ実感「絶対に追いつけない」(クランクイン!)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:クランクイン!

俳優の藤原竜也と松山ケンイチが28日、都内で行われたダブル主演映画『ノイズ』のスペシャルトークイベントに出席。約15年ぶりの本格共演となる2人がお互いの印象を語った。

【写真】気心の知れた同士、笑顔でトークイベントに登場した藤原竜也と松山ケンイチ

 本作は筒井哲也の漫画『ノイズ【noise】』の映画化で、絶海の孤島に入り込んだサイコキラーの死体を巡り繰り広げられるサスペンスエンターテインメント。島を訪れた元受刑者のサイコキラーを殺してしまう泉圭太を藤原が、圭太の殺人を隠ぺいすべく死体隠しに協力する田辺純を松山が演じる。

 藤原と松山は、映画『デスノート』シリーズ以来15年ぶりの本格共演。その感想を聞かれた藤原は「クランクインを迎えて『松ケンちょっと緊張するね』って言ったら、松ケンは『何言ってるんですか。逆にホームに帰ってきた感じですよ』って言うんです」と松山との会話を振り返る。それを聞いて頼もしさやうれしさを感じたといい、「自分もしっかりがんばらなきゃなと思わせてくれるような良い歳のとり方をして。いろんな経験を積んでうまい役者さんになったんだなと感じました」と称賛した。

 一方、松山は『デスノート』で共演したときのことを「俳優として右も左もわからない状態だったんですけど、それでも竜也さんの演技の迫力には圧倒されていましたし、本当にすごい俳優だと思っていました」と回顧。今回の共演に関しては「少しだけ自分がどういうふうに演技していけばいいのかわかってきて、改めてまた竜也さんと対峙して、さらにすごさがわかりました。やっぱりまた圧倒されっ放しなんですよね。絶対に追いつけないところにいらっしゃる、とんでもない先輩だなと思いました」と藤原の偉大さを改めて実感したことを明かした。

 お互いのすごいところを聞かれると、松山は藤原について「老けないですよね。それすごいなと思います」と回答。藤原は「髪の毛なんか真っ白になってきたよ!」と主張した。松山の「染めてます?」との質問に、藤原が染めてないと答えると、松山は「じゃあ全然じゃないですか」と反論。その後もお互いに“染めているか染めていないか”トークが続き、藤原は「なんちゅー会話だよ!(笑)」とツッコんでいた。

 映画『ノイズ』は2022年1月28日より全国公開。

【広告】

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

まずは体験プログラムで自分に出来そうか

見極めてみたら?

 

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

                    「asoview!(アソビュー)」

にお任せ。

↓   ↓   ↓


コメントは受け付けていません。