高畑充希、絵画のようなドラマの住人に「初めてカメラの位置を気にした」(オリコン)

【広告】生おせち料理 村上シェフ手作り重入3段重

◆─────────────────────────────◆  より良いおせちへ変貌してきました!

 大人向け、お酒に合う、お肉好きの生おせち

 今までにない、1段重はシェフの手作りが殆ど入るおせち♪

 「ロブスター サーロインローストビーフ」が入った豪華おせち  がなんと、15,980円、通常の3段重でしかも生冷蔵おせちときたら  本当にお買い得なおせちです。

  村上シェフオリジナル手作り入り 冷蔵生おせち料理3段重

 ★★某モールサイトで評価 4.3 を獲得★★

 ★★★★複数セット購入で最大1500円のクーポン付★★★★

◆─────────────────────────────◆

伝統的な日本料理を幅広い世代に食べやすくする為に、素材からこだわりオーナーシェフ「村上 元彦」完全オリジナル品を入れた和洋折衷のおせち料理です。

幅広いお客様に喜んで頂けるよう和洋折衷にし、完全オリジナル品を6品盛り込み、心を込めて手作りでお造り致します。

このおせちの「オリジナル」を確認してください、1段重の8割が村上シェフ自らの手作りです。他のおせちで監修おせちは沢山ありますが、 本当のこだわりをお届けできます。既製品とは間違えなく違う満足度がある逸品となります。

新鮮な生詰め冷蔵便でお届け致します。手作りの為、限定数量限りとなります。

 毎年撮影をし直して、手間とコストをかけてお客様の為に  丹精こめて作り上げます。

 お客様から不評を頂いたり、正直な感想を  頂く場合、翌年にはなるべくメニューを見直し入れ替え  ます。さらに、常に味の改善を行い、クオリティを高める  べく、国産材料や厳選素材を増やし、さらには1段以外の  オリジナル手作り品の手作りも投入すしています、こちらは  シェフではございませんが専門の職人の手作りです。   1品目 豊卵ふくさ焼   2品目 牛肉牛蒡巻き  本当に喜ばれるおせちづくりをしております!

 天然白木重箱ですが

 エコを重んじた重箱にしています。この白木ただの白木では  ございません、植樹から4年前後で成木となり、  無駄な森林伐採などの環境破壊を軽減するファルカタ材を  使っています。さらに天然木だからこそ土にかえる木材の  材料なので、これも安心して利用頂ける重箱となります。

■商品内容(全36品目)

【壱の重】 蟹とクリームのパイ包み ロブスター黄金焼き …  ★★シェフ手作り 鴨のパテ オレンジ風味 … ★★シェフ手作り サーロインローストビーブ … ★★シェフ手作り サワークラフト(紫キャベツ) … ★★シェフ手作り 豚肉のフロマージュテート(ゼリー寄せ) … ★★シェフ手作り 豚肩ロースチャーシュー … ★★シェフ手作り パプリカマリネ … ★★シェフ手作り

【弐の重】 鱈子旨煮、海老芝煮、豊卵ふくさ焼、牛肉牛蒡巻き、田作り、数の子風味漬け、いくら醤油漬け、若鶏明太ロール、若桃シロップ煮、 伊達巻、海老手まり寿司、手まり餅、あしらいそら豆、瀬戸のたこ姫

【参の重】 栗きんとん、焼き筍うま煮、椎茸旨煮、人参旨煮、きぬさや、蛸のバジルソース、ぶどう豆、ローズサーモン、伊予柑紅白生酢、 さより京風巻き、にしん昆布巻き、若桃シロップ煮、鰤照り焼き、杉板包み ※サーロインローストビーフは、加熱・衛生上の為、監修となります。 重箱寸法/約203×203×180mm 3段 天然白木重箱

村上シェフオリジナル手作り入り 冷蔵生おせち料理3段重

出典元:オリコン

「1シーン、1シーンがまるで絵画のように美しくて、そこに“ちょっと、お邪魔します”といった感じの登場人物たちがいる。京都の風情ある景色が本当に綺麗で、なのに登場人物たちはみんな不穏でザワザワさせるんです」(高畑充希)。

【動画】高畑充希主演『いりびと-異邦人-』予告映像

 女優の高畑充希が主演するWOWOWのオリジナルドラマ『連続ドラマW いりびと-異邦人-』は、美術キュレーター出身の小説家・原田マハの小説「異邦人(いりびと)」(PHP文芸文庫)が原作。美の世界で交錯する人間模様や画壇の才能をめぐる激しい愛憎を描きながら、無名画家の出生の秘密、そして、ある天才画家の死の真相に迫る“アートミステリー”を映像化。高畑は、熱心な美術収集家だった祖父から引き継ぎ、有吉美術館の副館長を務める主人公・篁菜穂を演じる。

 京都のみやびやかな情景、祇園祭の山鉾や屏風祭といった風物、クロード・モネ「睡蓮」の実物をはじめとした数々の絵画・美術作品が登場する。「1シーン、1シーンがまるで絵画のよう」と言った高畑のことばは、決して大げさではない。

 監督は、大企業のテレビCMを数多く手がけ、『東京喰種 トーキョーグール』(2017年)で長編映画監督デビューを果たした萩原健太郎。高畑によると、「監督は登場人物の感情の機微を絵で表現したいとおっしゃっていました。例えば、妊婦としての生活に鬱々としていた菜穂が気分転換に訪れた京都の画廊で青葉が描かれた一枚の絵に出会うシーンがあります。それは菜穂の人生を変えるほど衝撃的な出会いだったのですが、その時の菜穂の感情を俳優の顔の芝居ではなく、情景描写で伝える、と。なので私もわかりやすく菜穂の気持ちが読み取れるようなお芝居をしないようにしました」。

 萩原監督の現場で「初めてカメラの位置を気にした」という高畑。「今までお芝居をしている時にカメラの位置をあんまり気にしたことがなかったんです。今回は、どこにカメラがあってどういう画角で撮っているのか、カメラがある位置から撮ると景色はどう見えて、役者たちはどんな感じに映るのか、そういったことを確認しながら撮影するというのが、自分にとっては初めての経験だったので、楽しかったです。フィルムカメラが趣味なんですけど、ファインダーをのぞいて、なんとなく心地よく感じる構図というのがあるんですが、それに近い感覚がありました」。

 コロナ禍で観光客の少ない京都での撮影は「監督をはじめスタッフの皆さんも、キャストの皆さんも、すごく穏やかな現場だった」と振り返った高畑だったが、「唯一のストレスが、菜穂というキャラクターでした」と打ち明ける。

 菜穂は秀徹の審美眼に恵まれ、それは銀座にある画廊の3代目で夫の篁一輝(風間俊介)も嫉妬するほどだった。妊娠中の菜穂は、東京の喧騒を避けて京都に長期滞在することに。そこで、一枚の絵に遭遇。その作品の作者は、言葉を発することのできない無名の画家・白根樹(たつき)(SUMIRE)だった。

 菜穂は、樹が京都画壇で影響力を持つ日本画家・志村照山(松重豊)の養女で弟子でもありながら自由を奪われていることを知ると、自分の力で彼女の作品を世に出そうと考える。しかし、そこには、照山の危険な過去と憎しみが横たわっていて…。新聞社芸術部の記者で京都画壇の情報通・木戸正文(マキタスポーツ)に警告されながらも、樹に惚れ込んだ菜穂は、京都画壇の深みへと入り込み、やがて宿命的な真実にたどり着く。

 「菜穂のキャラクターは、私が受け取ったイメージとしては、いるべきところにたどり着けずに、生きづらさを感じてきた人だと思いました。そして、美術の世界には没頭するけど、ほかのことには1ミリも興味がない人。お腹の中にいる赤ちゃんのことさえ認めきれていない。でも樹のことになると、どんどん足を踏み入れていく。つかみどころがない人だな、と思いながらクランクインして、つかみどころがない人だなと思いながら撮影して、クランクアップした時もつかみどころがない人だったなと思い、できあがった作品を観たら、やっぱりつかみどころがなかった(笑)。撮影中は、ずっと悶々としてました。それもまた新鮮な経験で、勉強になったと思いました」。

 初共演ではないが、全編を通して共演シーンのある作品は初めてだったという松重豊との、静かにバチバチと火花が散るようなシーンの数々も見どころ。「京都に来たばかりの頃の菜穂は、知り合いもいなくてまさに“異邦人”でしたけど、周りの人たちに恵まれ、新たな人脈を築いていくうちに、自分はどうやって生きていくのが幸せなのか、ということにだんだん気づいていきます。物語が進むにつれて加速していく感じがあるので見ていただけたらうれしいです」と、作品をアピールしていた。

■放送・配信情報
11月28日放送・配信スタート(全5話)
WOWOWプライム:毎週日曜 後10:00(※第1話無料放送)
WOWOWオンデマンド:第1話放送終了後配信スタート、第2話放送終了後に全話一挙配信

ヘアメイク:犬木愛(AGEE) スタイリスト:番場直美
フォトグラファー:SHIN ISHIKAWA(Sketch)

【広告】

 【ファイテンオフィシャルストア】

プロアスリートも愛用


コメントは受け付けていません。