「ものまねをしている人達よりたけしさん」 若きビートたけしを演じた柳楽優弥の場面写真公開(映画.com)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:映画.com

ビートたけしの誕生秘話を描くNetflixオリジナル映画「浅草キッド」から、柳楽優弥の姿をとらえた場面写真を映画.comが入手した。これまで作品ごとにがらりとイメージを変えてきた柳楽が、本作ではビートたけしがまだ何者でも無かった頃の“タケシ”を表現している。

【フォトギャラリー】師弟愛!「浅草キッド」場面写真

 本作は、劇団ひとりが監督と脚本を担当し、ビートたけしの原点であり、師匠である深見千三郎と過ごした日々を描く。披露されたカットは、エモーショナルな雰囲気が漂う浅草フランス座で、大学を辞めエレベーターボーイとして働くタケシが、雑用をこなす日々の中で深見から教わったタップダンスにのめり込む姿や、少し丸まった背中で遠くを見つめる姿、そしてツービートの相方であるキヨシと漫才の練習に励むシーンなど、芸にのめり込むタケシを切りとっている。

 柳楽は、デビュー作「誰も知らない」でカンヌ国際映画祭の最優秀男優賞を当時最年少(日本人初)で受賞。以降も怪演で話題を呼んだ「ディストラクション・ベイビーズ」や、葛飾北斎の若き日を演じた「HOKUSAI」、現在放送中の日本テレビ系連続ドラマ「二月の勝者 絶対合格の教室」で主演を務めるなど、作品ごとに表情を変えて幅広い役柄を演じてきた。

 そんな柳楽の起用理由について、劇団ひとり監督は「たけしさんって、天才がすぎるゆえに誰とも分かり合えないところがあって、寂しい感じがするんです。柳楽さんはその雰囲気をすごく持っている方で、人見知りでシャイなのも共通していますし、孤高な感じが通じるんです」と話す。

 柳楽は「ものまねになってはいけない」と実在する有名人を演じる事に悩みながら挑んだそうで、深見を演じた大泉洋は「たけしさんのものまねをしている人達よりたけしさんだった。それは柳楽君の並々ならぬ努力の賜物です」と絶賛している。

 「浅草キッド」は、12月9日からNetflixで全世界独占配信。

【広告】

      【応援うちわ専門店 ファンクリ】

スマホやPCで簡単に作れる応援うちわ


コメントは受け付けていません。