「いい人間の教科書。」に向け、財木琢磨・大平峻也・磯野大が意気込み(ステージナタリー)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:ステージナタリー

12月に上演されるAllen suwaruプロデュース公演 舞台「いい人間の教科書。」より、出演者の財木琢磨、大平峻也、磯野大からのコメントが到着した。

【画像】左から磯野大、財木琢磨、大平峻也。(他14件)

「いい人間の教科書。」は、2019年に劇団アレン座の劇団員のみで上演された作品。昨年にはプロデュース公演として実施され、異なるキャストで東京公演と大阪公演が行われた。脚本・演出を鈴木茉美が手がける本作では、全編エチュードの会話劇が展開する。

上演に向け、財木は「エチュードならではの、毎回違った感情表現や役者による化学反応を皆様に感じ取っていただきたいです。2021年を締めくくる舞台となるので、ぜひ年内最後の記念として足を運んでいただけたらうれしいです」と思いを述べ、大平は「全編エチュードということで、僕自身すごく挑戦であり楽しみに感じています。クリスマスに公演がかかってくるので、この特別な日に、人生のヒントや課題を持って帰っていただけたらとってもうれしいです。頑張りますのでどうぞ楽しんでください!」と観客にメッセージを送る。

また磯野は「フレッシュな4人と僕を含めた計5人のキャストと鈴木茉美さんとギリギリまで『いい人間とは』というテーマに向き合いながら作っていきます。本年のラストを飾る舞台として、魅力的でたくさんの考えを持ってらっしゃるキャスト陣と一緒に、皆さまに本作を精一杯お届けできたらなと思います」と意気込みを語った。

公演は12月22日から26日まで東京・新宿FACEにて。

■ Allen suwaruプロデュース公演 舞台「いい人間の教科書。」
2021年12月22日(水)~26日(日)
東京都 新宿FACE

脚本・演出:鈴木茉美
出演:財木琢磨、富本惣昭、磯野大、宮城紘大 / 大平峻也

2021 Allen.All Right Reserved.Photographer 木村 健太郎

【広告】


週末を利用して何か新しい事に

チャレンジしてみては?

SUPやパラグライダーなどのアウトドア体験

ハーバリウムや陶芸体験などのインドア体験

まずは体験プログラムに参加してみよう。

体験プログラムから本格的に始めちゃうかも

体験プログラムであれば装備・道具の心配

もなく気軽に参加できますよ。

    ↓   ↓   ↓

コメントは受け付けていません。