Juice=Juice金澤朋子が卒業「また必ず笑顔で、お会いしましょう!」【スピーチ全文】(オリコン)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:オリコン

ハロー!プロジェクト所属の10人組アイドルグループ・Juice=Juiceのオリジナルメンバーで2代目リーダーの金澤朋子(26)が24日、横浜アリーナで行われた『Juice=Juice Concert 2021 ~FAMILIA~ 金澤朋子ファイナル』をもってグループおよびハロプロを卒業し、2013年2月から8年9ヶ月の活動に幕を下ろした。病気の治療を優先するための卒業とあり、アンコールで行われた卒業セレモニーでは「悔しい気持ちや寂しさがないと言い切るのは正直うそになります」と本音を漏らしつつ、「私は必ず、皆さんの前に帰ってきます」と再会を約束した。以下、卒業スピーチ全文。

【ライブ写真】横浜アリーナで行われたJuice=Juice金澤朋子の卒業コンサート

本日、2021年11月24日をもって、私、金澤朋子は、Juice=Juiceおよびハロー!プロジェクトを卒業します。

ハロー!プロジェクトが大好きな普通の女子高校生だった私は、サイン入りポスター欲しさに応募したカラオケコンテストがきっかけとなり、今ここにいます。人前に出ることが決して得意ではなく、安心や安定を好み、挑戦、冒険といったことが大の苦手だった私にとって、この世界は無縁だと思っていました。

公務員を目指して模擬試験を受けていたあの頃、こんな違った未来が待ち受けているとは、私自身はもちろん、家族や友人たち、私にかかわるすべての人々が予想もしていなかっただろうと思います。

それが、ひょんなきっかけと奇跡の連続で、約9年間の活動につながり、本来はあるはずのなかった多くの出会いに恵まれたこと、心から感謝しています。

Juice=Juiceの金澤朋子として活動することできたこの期間は、私の人生にとって誇りであり、宝です。他の何にもかえることのできない、大切で、尊い時間でした。

いつも応援してくださっているJuice=Juice Familyの皆さん、愛を持って支えてくださっているスタッフの皆さん、関係者の皆さん、プライベートの私を支えてくたれた家族や友人たち、苦楽を共にしてきたハロー!プロジェクトの先輩方、後輩たち、そして、ここにいるJuice=Juiceのメンバーたち、私と出会ってくれて、私を支えてくれて、私をハロー!プロジェクトの一員にしてくれて、私をJuice=Juiceのメンバーにしてくれて、本当にありがとうございました。

47都道府県制覇したライブハウスツアー、ホールコンサート、日本武道館公演、国立代々木競技場第一体育館での公演、ファンクラブイベントやバスツアー、外部のイベント出演、海外を10ヶ国ほど回ったワールドツアー、テレビやラジオのお仕事、雑誌や新聞の取材、大好きな地元・埼玉県でのお仕事、フォトブックの撮影、グッズの制作、SNSの更新、そして今日のこの横浜アリーナ公演などなど、数え切れないほど本当にたくさんの思い出を皆さんにいただきました。
こちらも改めて本当にありがとうございました。

私は1人では何もすることができない人間でした。それが、ここまで頑張って来ることができたのは、本当にたくさんの方の支えがあってた、そして、心強い仲間たちがいてくれたからです。

新メンバーの江端妃咲ちゃん、入江里咲ちゃん、有澤一華ちゃん。
Juice=Juiceに加入してくれて、本当にありがとう。3人のフレッシュな姿にはただ癒やされるばかりでなく、初心を取り戻させてもらいました。まだまだわからないことだらけで大変なこともきっとこの先たくさんあると思うけど、前を向いて、とにかくがむしゃらに頑張っていってほしいと思います。すくすくと成長していってください。

そして、松永里愛ちゃん、工藤由愛ちゃん。
まさに対照的!といった2人。性格も雰囲気も正反対な2人は、加入当初、些細なことでケンカをしたりしていて、「ゆめりあいの2人、大丈夫かな?」とよく心配していたのが懐かしいです。

今となっては、お互い正反対だからこそ、理解しあって支えあって、お仕事の関係というだけではない強い絆で結ばれた2人のチームワークは本当に最強だと思っています。
新しく後輩たちも入ってきた今、ゆめりあい2人の成長が、グループの成長にもつながっていくんじゃないかな?と私は思っています。Juice=Juiceに個性を与えてくれて本当にありがとう。これからも自分らしく輝いていってください。

段原瑠々ちゃん、井上玲音ちゃん、稲場愛香ちゃん。
Juice=Juice加入までの流れや歴史がバラバラな3人ですが、先輩・後輩という垣根をこえて、本当に仲よく楽しく過ごしている姿に、私は何度も心があたたまりました。3人は本当に真面目で、人前ではもちろん、人には見えない部分でもたくさん努力していることが伝わっていました。Juice=Juiceを支えてくれてありがとう。3人のグループは必ず報われます。気負いすぎないでほしいという仲間としての気持ちもありますが、どうかこれからもグループをよい方向に導いてくれたら、うれしいです。

そして、同期として、初期から活動を共にしてきた植村あかりちゃん。
誰もがうらやむような美しいお顔やスタイルの持ち主なのに、気取らない天然さんでいつも優しいうえむー。
そんなうえむーがいてくれたから、私はここまでやってこられました。本当にありがとう。
甘えん坊なグループの末っ子だったうえむーが、これからは一番の先輩としてグループを引っ張っていくのかと思うと、なんだかすでに感慨深い気持ちでいっぱいなのですが、うえむーなら絶対大丈夫!!
うえむーらしく、Juice=Juiceをさらにすてきなグループにしていってくれるとうれしいです。Juice=Juiceをよろしくお願いします。

私はJuice=Juiceのみんなが大好きです。
現役メンバーはもちろんのこと、これまで活動を共にしてきた元メンバーたちのことも、みんなみんな、本当に大好きです!
今後はJuice=Juice Familyの一員として、そんな大好きなJuice=Juiceを見守っていきたいと思います。皆さん、ぜひ一緒に応援していきましょう!

今回は、私は病気のことがあって卒業を決意しました。悔しい気持ちや寂しさがないと言い切るのは正直うそになりますが、それでも最終的には自分で決めたことなので、この選択を正解にしていけるよう、しっかりと自分の身体を大切にしながら、精進してまいりたいと思います。

私は必ず、皆さんの前に帰ってきます。

これまで皆さんが私のことを必要としてくれたおかげで私に居場所が生まれました。わがままかもしれませんが…言わせてください。
私にも皆さんが必要です。どうか、信じて待ってくださると幸いです。
これからも私金澤朋子のことを、そしてJuice=Juiceのことをどうぞよろしくお願いいたします。

改めまして、約9年間、本当に本当にとっても幸せでした。
皆さま本当にすてきな時間をありがとうございました。
また必ず笑顔で、お会いしましょう!

2021.11.24
Juice=Juiceリーダー
金澤朋子

■金澤朋子(かなざわ・ともこ)
 1995年7月2日生まれ、埼玉県出身。2012年にBerryz工房×℃-uteの「超HAPPY SONG」を歌うカラオケコンテストで最優秀賞を受賞したことがきっかけで歌手を志し、同年にハロプロ研修生として加入。2013年2月、ハロプロ研修生6人で結成されたJuice=Juiceのメンバーに選ばれ、9月にメジャーデビューし、同年の『第55回 日本レコード大賞』で新人賞を受賞した。2019年6月には宮崎由加の卒業に伴い、2代目リーダーに就任。歌唱力に定評があり、昨年1~2月にかけてソロライブも開催した。2016年1月、子宮内膜症と診断されたことを公表し、突発的な頭痛、めまいなどの症状があるとして体調を見ながら活動を続けてきた。卒業後は治療を最優先し、体調を見てソロで芸能活動を続ける。

【広告】

体臭・口臭にお困りの方!   

多数のメディアで話題の消臭サプリ

                                        『shunax』
                                   もう気にならない!!

 



コメントは受け付けていません。