土屋太鳳、新春ドラマでテレ東初主演 共演に永山絢斗、脚本は岡田惠和(クランクイン!)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:クランクイン!

女優の土屋太鳳が主演し、俳優の永山絢斗が共演する新春ドラマスペシャル『優しい音楽~ティアーズ・イン・ヘヴン 天国のきみへ』が、テレビ東京系にて2022年1月7日に放送されることが決定した。土屋は同局のドラマ初主演となる。

【写真】「見惚れてしまいました」「綺麗すぎる!!!」土屋太鳳、美しすぎる白のロングドレス姿 

 『そして、バトンは渡された』で本屋大賞を受賞した瀬尾まいこの原作を、映画『いま、会いにゆきます』、連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK)の岡田惠和の脚本でドラマ化する本作。鎌倉を舞台に、それぞれが忘れられぬ過去から新たな一歩を踏み出すまでの“再生”を、音楽が繋ぐ優しさ溢れる愛と絆の感動物語で描く。

 テレビ東京初主演の土屋が主人公・鈴木千波役を演じ、そんな千波に一目ぼれし、鈴木家の止まった歯車が動き出すきっかけとなるタケル役で永山が共演。演出を映画『Fukushima50』で日本アカデミー賞最優秀監督賞を受賞した若松節朗、音楽を国内外の受賞作の作曲、音楽監督を務める稲本響が書き下ろしで担当する。

 大学教授でギターが上手な父・雅志、歌がうまくて完璧な母・桂子と暮らす女子大生・鈴木千波(土屋)が、いつもより早く家を出たある朝のこと。江ノ電のとある駅に着いた千波は、ホームにいた永居タケル(永山)を見るなり、思わず立ちすくみ激しく動揺する。だが心当たりがないタケルは、話し掛けられても困惑するしかなく…。

 小さな造船所で日々真面目に働くタケルは、古い木造アパートでひとり暮らし中。家には過去に何かあったのか、家族写真や父母のものらしき眼鏡が大事に飾られている。そんな境遇の違う2人は、奇妙な出会いを経て、やがて恋人同士に。ところが千波は、なぜかタケルを両親に会わせようとしない。その衝撃の理由を知ったタケルは―。

 本作について「私が女優として向き合ってきたそのテーマを、ある意味、総括するような存在になるのではないかと予感しています」と語った土屋は、「命を育む樹が大地に深く根を張るように、この作品が突き刺す様々な思いが観てくださる方々の心の中で力強い根となり、命への新たなパワーを育むことを心から祈っています」とコメント。

 一方永山は、「若松監督を始め、豪華なキャストの中で自分の名前だけが場違いのようで震えていますが、出せる力を出し切って楽しんで演じたいと思います」と語り、「それぞれの境遇から起こってしまう感情の摩擦だったり、人間誰しもが持つ清濁の両面も大切に表現出来るよう尽力します」と意気込んだ。

 新春ドラマスペシャル『優しい音楽~ティアーズ・イン・ヘヴン 天国のきみへ』は、テレビ東京系にて2022年1月7日20時放送。

【広告】

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

まずは体験プログラムで自分に出来そうか

見極めてみたら?

 

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

                    「asoview!(アソビュー)」

にお任せ。

↓   ↓   ↓


コメントは受け付けていません。