櫻井翔、「嵐」ライブフィルムへの思いを語るインタビュー映像 「“チーム嵐”の熱を感じていただきたい」(映画.com)

【広告】生おせち料理 村上シェフ手作り重入3段重

◆─────────────────────────────◆  より良いおせちへ変貌してきました!

 大人向け、お酒に合う、お肉好きの生おせち

 今までにない、1段重はシェフの手作りが殆ど入るおせち♪

 「ロブスター サーロインローストビーフ」が入った豪華おせち  がなんと、15,980円、通常の3段重でしかも生冷蔵おせちときたら  本当にお買い得なおせちです。

  村上シェフオリジナル手作り入り 冷蔵生おせち料理3段重

 ★★某モールサイトで評価 4.3 を獲得★★

 ★★★★複数セット購入で最大1500円のクーポン付★★★★

◆─────────────────────────────◆

伝統的な日本料理を幅広い世代に食べやすくする為に、素材からこだわりオーナーシェフ「村上 元彦」完全オリジナル品を入れた和洋折衷のおせち料理です。

幅広いお客様に喜んで頂けるよう和洋折衷にし、完全オリジナル品を6品盛り込み、心を込めて手作りでお造り致します。

このおせちの「オリジナル」を確認してください、1段重の8割が村上シェフ自らの手作りです。他のおせちで監修おせちは沢山ありますが、 本当のこだわりをお届けできます。既製品とは間違えなく違う満足度がある逸品となります。

新鮮な生詰め冷蔵便でお届け致します。手作りの為、限定数量限りとなります。

 毎年撮影をし直して、手間とコストをかけてお客様の為に  丹精こめて作り上げます。

 お客様から不評を頂いたり、正直な感想を  頂く場合、翌年にはなるべくメニューを見直し入れ替え  ます。さらに、常に味の改善を行い、クオリティを高める  べく、国産材料や厳選素材を増やし、さらには1段以外の  オリジナル手作り品の手作りも投入すしています、こちらは  シェフではございませんが専門の職人の手作りです。   1品目 豊卵ふくさ焼   2品目 牛肉牛蒡巻き  本当に喜ばれるおせちづくりをしております!

 天然白木重箱ですが

 エコを重んじた重箱にしています。この白木ただの白木では  ございません、植樹から4年前後で成木となり、  無駄な森林伐採などの環境破壊を軽減するファルカタ材を  使っています。さらに天然木だからこそ土にかえる木材の  材料なので、これも安心して利用頂ける重箱となります。

■商品内容(全36品目)

【壱の重】 蟹とクリームのパイ包み ロブスター黄金焼き …  ★★シェフ手作り 鴨のパテ オレンジ風味 … ★★シェフ手作り サーロインローストビーブ … ★★シェフ手作り サワークラフト(紫キャベツ) … ★★シェフ手作り 豚肉のフロマージュテート(ゼリー寄せ) … ★★シェフ手作り 豚肩ロースチャーシュー … ★★シェフ手作り パプリカマリネ … ★★シェフ手作り

【弐の重】 鱈子旨煮、海老芝煮、豊卵ふくさ焼、牛肉牛蒡巻き、田作り、数の子風味漬け、いくら醤油漬け、若鶏明太ロール、若桃シロップ煮、 伊達巻、海老手まり寿司、手まり餅、あしらいそら豆、瀬戸のたこ姫

【参の重】 栗きんとん、焼き筍うま煮、椎茸旨煮、人参旨煮、きぬさや、蛸のバジルソース、ぶどう豆、ローズサーモン、伊予柑紅白生酢、 さより京風巻き、にしん昆布巻き、若桃シロップ煮、鰤照り焼き、杉板包み ※サーロインローストビーフは、加熱・衛生上の為、監修となります。 重箱寸法/約203×203×180mm 3段 天然白木重箱

村上シェフオリジナル手作り入り 冷蔵生おせち料理3段重

出典元:映画.com

人気アイドルグループ「嵐」の20周年記念ツアーを体感できる初のライブフィルム「ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM Record of Memories」を語る、櫻井翔のインタビュー映像(https://youtu.be/CgsiT1uffk0)が披露された。櫻井はライブにかけた思い、ファンへの感謝とともに、「ご来場いただいた皆さんはもちろんのこと、まだ嵐に触れたことのない皆様にも“チーム嵐”の熱を感じていただきたい」とメッセージを伝えている。

【フォトギャラリー】「嵐」初のライブフィルム「ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”」

 2018年11月から19年12月まで1年以上にわたり、計50公演、累計観客動員237万5000人を記録した「ARASHI Anniversary Tour 5×20」。その20周年記念ツアーのライブフィルム撮影のために、東京ドームで19年12月23日、1日限りの「シューティングライブ」が開催された。「嵐」の初主演映画「ピカ☆ンチ LIFE IS HARD だけど HAPPY」を手がけた堤幸彦が監督を務め、長年にわたり「嵐」に関わってきた映画とライブのスタッフが集結。「嵐」が5人だから見られた景色、5万2000人の観客が5人と一緒に見た景色を、圧倒的な一体感と臨場感をそのままに、125台のカメラで余すところなく記録した。21年6月12日には、第 24 回上海国際映画祭のDolbyVision 部門でワールドプレミア上映された。

 インタビュー映像のなかで櫻井は、堤監督、スタッフ、メンバー、そしてファンとともに作り上げたライブフィルムを、「(コンサートを実施した)その時に閉じ込めた、その空間の思いと熱が真空状態で詰まった作品」と語る。「満員の客席での熱気っていうのを、『あぁいいなぁ』と思ってもらいたいし、また一日でも早くこんな日がくるように、との思いを強くするところですね」と率直な思いを述べた。

 見どころのひとつは、生のライブとはまた違った魅力を備える、125台のカメラをコントロールした映像と音への没入感。映画ならではの良さについて、櫻井は「メンバーの立場では、なかなか実際に見ることのできなかった、お客さん目線でのコンサートの臨場感というのを味わえたので、本当に映画ならでは、映画館でこそ見てもらいたい作品になったかなぁと思いました」とアピール。撮影を担当した125人のカメラマンには、これまで「嵐」のメンバーの撮影を経験してきたスタッフが集まっており、同窓会のような雰囲気だったという。さらに櫻井は、特殊な撮影方法についても解説する。

 「通常のライブDVDだとファンの皆さん、お客さんの視線を遮ることはないような場所にカメラを置くので、そういった撮影方法での作品となるのですけれども、今回は『視界を遮る瞬間があるかもしれません』ということをご理解いただいた上で参加していただいているので、ファンの皆さんも見たことのないところにカメラを入れることができた。ファンの皆さんにもお伝えしていたので、『さぁ今日は撮影だ』『シューティングに私達は行くんだ』というような思いで参加してくださったのがビシビシ伝わってきたので、本当に僕ら5人、スタッフの皆さん、そしてあの日に参加してたファンの皆さんで作った作品ですね」

 本作をどのような形で届けるのか――「嵐」のメンバーは、ファンのことを第一に考えて議論を重ねたという。櫻井は「メンバー全員で、こういう形でファンの人に届けたらいいんじゃないか、こういったプロモーションのやり方もあるんじゃないか、という打ち合わせは重ねてきたので、作品への向き合いという意味では、5人とも同じ思いだと思います」と、言葉に熱をこめる。さらに「9月15日(結成日)に発表、11月3日(デビュー日)に公開という、嵐にとってふたつの記念日というところは、メンバーをはじめスタッフが一番こだわったポイントだったので、そのスケジュールになにか思いを感じてもらえたらなと思っています」と明かした。

 「ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM Record of Memories」は、11月3日にドルビーシネマで限定先行公開。その後、同26日から全国で封切られる。

【広告】

                              SUGAR BISKET

大人可愛いアパレル&シューズを

お手頃プライスで豊富に取り揃えました!

お気に入りのアイテムがきっと見つかる♪

 

コメントは受け付けていません。