イーストウッド最新作「クライ・マッチョ」日本版予告編&ポスター公開(映画.com)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:映画.com

クリント・イーストウッド製作、監督、主演の最新作「クライ・マッチョ」のポスターと日本版予告編が公開された。

【動画】「クライ・マッチョ」日本版予告編

 監督デビューから50年、40作目となる本作はN・リチャード・ナッシュの「CRY MACHO」(1975年発刊)が原作。イーストウッドが演じるのは、人生に失敗したロデオ界の元スター、マイク・ミロ。落馬事故をきっかけに家族は離散し、競走馬の種付けで細々とひとりで暮らしているという設定だ。ある日、元雇用人からメキシコにいる彼の息子ラフォの誘拐を依頼される。メキシコからテキサスへの危険で壮大な道のりには、予想外の困難と思いがけない出会いが待ち受けていた――本当の“強さ”の意味を問うイーストウッドの集大成だ。

 予告編冒頭では、監督デビュー50周年記念として、これまでにイーストウッドが監督、出演した傑作のタイトルが紹介される。元雇い主から息子ラフォを誘拐するように頼まれたマイクは、親の愛を知らない不良少年に「昔は強かったんだろ?」と問われ、「昔の俺はすごかった。だが今は違う」と返す。「男は“マッチョ”に憧れる」 「すべてを手に入れた気になるが、ある日その無意味さを知る」 「だが俺は変えようと思う。これからの人生のために」と物語のテーマを示唆するセリフが切り取られている。人生の岐路に立たされたマイクと少年のその後が気になる映像だ。

 日本版ポスターには、カウボーイハットにウエスタン・ルックのマイクと、ラフォ役に大抜擢されたメキシコの新星エドゥアルド・ミネットが相棒のニワトリ(闘鶏)のマッチョを連れて荒野を歩む姿が配されている。「今こそ、本当の強さの意味を問う」のキャッチが、イーストウッドがこれまでに演じてきた男を連想させる。

 「クライ・マッチョ」は、2022年1月14日全国公開。

【広告】

SUNMEDICAL

    バストアップ専門約20年、信頼の医薬部外品!

【DelaFierte】



コメントは受け付けていません。