本格的な暖房シーズン前に! 電気代を抑えるための“エアコンお手入れ方法”を紹介(クランクイン!)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:クランクイン!

10月も下旬、寒さもぐっと増してきて、いよいよエアコンの暖房機能が活躍する頃合いを迎えます。空調専業メーカーダイキンによると、在宅時間の増加等から、コロナ禍前の2019年夏と比べて2021年夏のエアコン使用時間が増加した人は、1日当たり平均で約6時間増えていたそうです。今回は、例年以上に長く使われたエアコンの「夏じまい」として、快適で電気代を抑えた“冬の暖房シーズン”を迎えるためにも、エアコンの掃除やメンテナンスのポイントをチェックしていきましょう。

【写真】十分に掃除した人は約1割! 今からでも間に合う“エアコンの掃除”方法を紹介

■夏の稼働増加でエアコンはクタクタ状態

 ダイキンが、今年9月に、全国の20歳以上の男女で「夏場に家でエアコン(冷房)を使用した人」を対象に行った調査結果によると、今夏のエアコンフィルターの掃除を「十分にできた」と回答した人は、全体の約1割未満(8.9%)にとどまる結果となったそうです。

 また、嫌なニオイの原因となるカビの発生を抑えるために必要な冷房使用後の「室内機内部の乾燥運転」を実施していると回答した人は、3人に1人(36.4%)。半数以上の人が、室内機内部の乾燥運転機能を知らない・使っていないことが伺える結果となりました。

 そして、コロナ禍前の2019年夏の平日と今夏の平日を比べてエアコン使用時間が増加した人は全体の約3割(27.3%)で、1人当たり1日平均で約6時間も増加傾向に。これらの結果から、室内機内部のフィルターへのホコリの堆積や室内機内部の熱交換器への汚れの付着が、例年よりも増えていると予想されます。

 しかし、エアコンのホコリや汚れをそのままにして次のシーズンを迎えると、運転時、電気代の増加や不快なニオイの発生につながる可能性があるといわれています。今回の調査結果では、室内機内部のフィルターの清掃や熱交換器の汚れ具合の確認・洗浄などのメンテナンスが例年以上に重要であるということがいえそうです。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉活髪精華


・白髪や抜け毛が増えてきたと感じる方に
・黒々とした健康的な毛髪を維持したい方に

健康的な毛根や毛髪を維持するためのセラムです。

コメントは受け付けていません。