松岡禎丞&戸松遥『SAO』約10年でキャラと一心同体 キリト&アスナに声優人生・人間力が成長(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

人気アニメ『ソードアート・オンライン』(SAO)の最新作『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア』が、10月30日に全国の劇場にて公開される。2012年よりテレビアニメの放送がスタートし、来年10周年を迎える『SAO』。キリト役の松岡禎丞とアスナ役の戸松遥にインタビューを実施し、約10年間演じ続けてきた思いを聞いてみた。

【画像】大胆ボディ健在!中学生時代のアスナ…公開されたSAO新作の場面カット

 『SAO』シリーズは、川原礫氏による小説が原作で、主人公のキリトが、仮想空間への接続機器によってバーチャルリアリティーを実現した近未来を舞台に、さまざまなオンラインゲームを取り巻く事件に巻き込まれる物語。2012年よりテレビアニメの放送がスタートし、第3期まで放送されている。

 今作の映画は、小説『ソードアート・オンライン プログレッシブ』が原作で、アスナ視点で新たな《アインクラッド編》を描いたもの。デスゲームの舞台であるアインクラッド第一層からクリアまでの軌跡を川原氏自らが描くリブート・シリーズとして、キリトが<黒の剣士>となったエピソードや、過去の《アインクラッド》編では語られなかったエピソードが展開される。

■忘れられない“クリームパン”シーンに感慨「再び演じられてうれしかった!」

――新作映画は『SAO』シリーズの原点をアスナ視点で描いた物語となりましたが、完成した作品を観た感想を教えてください。

【松岡】 原作は以前から読んでいて、映像として見た時「これが見たかった!」と感動しました。ですが『SAO』シリーズの始まりの物語なので、約10年前の物語に再び向き合いながら演じることになった際は、「果たして今の自分にできるのだろうか?」と役作りは難しいところでした。キリトとしてこれまで数々のシリーズを経験、積み重ねてきたので、あのころの“キリト”をどのように演じるのか、非常に悩みました。

【戸松】 アスナ視点の物語を見ることができて、面白かったです! 松岡さんと同じく原点を演じるドキドキ、プレッシャーはありましたが、別作品を含めて“原点”を再び演じる機会は滅多にないことですので、次第にワクワク感が強くなりました。アスナ視点で物語を見るのは新鮮でしたので、早くファンの方々に見てもらいたい思いが生まれました。

――今回の主人公はアスナとなりますが、新キャラクター・ミトとの関係性など、新たな発見があったと思います。アスナの魅力や個人的に印象深かったシーンはどこでしたか。

【松岡】 テレビシリーズ1期でのアスナは、登場時から人間的にも強いイメージがありました。気丈に振る舞い「気高く強い」印象がみなさんあると思うのですが、今回はアスナの家庭環境や人間関係などが詳細に描かれているので、強さだけでない彼女の魅力を知ることができると思います。

 個人的にグッ!ときたシーンは、そうですね…もう一度、演じたいと思っていたシーンが今回演じることができたのですが、それはクリームパンのシーンです。10年前の当時を思い出す瞬間で、このシーンを再び演じられてうれしかったですし、気丈に振る舞っているアスナが「久々においしいものを食べた!」という表情は、年相応の女の子だと感じた瞬間でした。シリーズを通してもあのシーンは大好きです。

【戸松】 今回演じてみて、“周囲を気遣う子”だったんだなと思いました。家庭や学校での人間関係を見て、そのように感じました。その中でミトは心を許せる親友だったと思います。クラスメイトともバランスを取りながら交流していて、現実世界での結城明日奈をたくさん見ることができて新鮮であり、演じることができてうれしかったです。第1期の時は戦うことに慣れた“強いアスナ”でしたが、今回は“素のアスナ”に魅了されると思います。

 クリームパンのシーンもアスナ視点で見ると、また違った面白さがありましたね~。キラキラとした演出もあって、うれしかったです(笑)。キリト視点だとツン!としながらパクパク食べている印象だと思うのですが、あの時のアスナからすると束の間の幸せを感じた瞬間だったはず。彼女にとってデスゲームの世界の中で息抜きになったところだと思います。

【広告】 更年期?

《経典薬方》六味地黄丸

・膝や腰に緩みまたは痛みを感じる方に
・口腔の潰瘍がある方に

膝・腰の緩みと痛み、口腔の潰瘍の改善に

コメントは受け付けていません。