V6・井ノ原快彦、すみっコ新キャラ“ファイブ”に共感「僕もシックスで頑張っているので…」(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

11月1日をもって解散する人気グループ・V6の井ノ原快彦、女優の本上まなみ、大森貴弘監督が22日、都内で行われた劇場アニメ『映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ』(11月5日公開)の公開直前舞台あいさつ付きおひろめ試写会に参加した。

【写真】試写会には…とかげ&しろくまも登場!

 前作に続き今作でもナレーションを続投した井ノ原は「ただただ、すみっコたちがかわいくて…。感想や見どころを聞かれるんですけど、つい『かわいいところです』と言っちゃう(笑)。この映画を見ると人に優しくなれる、新しい自分になれると思います」とアピールした。

 久しぶりの収録について「第2弾があるらしいとウワサを聞いていたんですが、僕のところにはお話が来てなかった。違う人なのかなと思っていたんですけど、後になって連絡が来てよかった」とにっこり。初めて一緒になった大森監督については「最初にきっちり監督にあいさつしようかなと思って(収録現場に)早めに行ったんですけど、まだお越しになっていなくて…。もう1回、行ったんですけど、まだお越しになっていなかった。そのちょっと後に、監督が汗ダラダラで鼻息荒く登場し」と暴露しながら「ものすごい人なのに気さくな方。大森監督に任せておけば大丈夫だろうと」と全幅の信頼を置いたという。

 また、好きなすみっコについてトークでは、新キャラクターのファイブが気になるそうで「ファイブに共感できた。僕も6(シックス)の方で頑張っているので同じ数字として共に頑張っていきたい」と話し、笑わせた。

 本作は、2019年に公開され動員122万人を記録した劇場アニメ『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』に続く劇場アニメ第2弾。すみっコたちを励ましたり、突っ込んだり、時には気持ちを代弁しながら、ふたたびすみっコたちの物語をやさしく見守るナレーションを井ノ原と本上が担当する。

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

                                    <U-NEXT>

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。