ノンスタ石田、『M-1』決勝オードリーのネタに疑問 若林が語った真相に春日も驚き(クランクイン!)

【広告】生おせち料理 村上シェフ手作り重入3段重

◆─────────────────────────────◆  より良いおせちへ変貌してきました!

 大人向け、お酒に合う、お肉好きの生おせち

 今までにない、1段重はシェフの手作りが殆ど入るおせち♪

 「ロブスター サーロインローストビーフ」が入った豪華おせち  がなんと、15,980円、通常の3段重でしかも生冷蔵おせちときたら  本当にお買い得なおせちです。

  村上シェフオリジナル手作り入り 冷蔵生おせち料理3段重

 ★★某モールサイトで評価 4.3 を獲得★★

 ★★★★複数セット購入で最大1500円のクーポン付★★★★

◆─────────────────────────────◆

伝統的な日本料理を幅広い世代に食べやすくする為に、素材からこだわりオーナーシェフ「村上 元彦」完全オリジナル品を入れた和洋折衷のおせち料理です。

幅広いお客様に喜んで頂けるよう和洋折衷にし、完全オリジナル品を6品盛り込み、心を込めて手作りでお造り致します。

このおせちの「オリジナル」を確認してください、1段重の8割が村上シェフ自らの手作りです。他のおせちで監修おせちは沢山ありますが、 本当のこだわりをお届けできます。既製品とは間違えなく違う満足度がある逸品となります。

新鮮な生詰め冷蔵便でお届け致します。手作りの為、限定数量限りとなります。

 毎年撮影をし直して、手間とコストをかけてお客様の為に  丹精こめて作り上げます。

 お客様から不評を頂いたり、正直な感想を  頂く場合、翌年にはなるべくメニューを見直し入れ替え  ます。さらに、常に味の改善を行い、クオリティを高める  べく、国産材料や厳選素材を増やし、さらには1段以外の  オリジナル手作り品の手作りも投入すしています、こちらは  シェフではございませんが専門の職人の手作りです。   1品目 豊卵ふくさ焼   2品目 牛肉牛蒡巻き  本当に喜ばれるおせちづくりをしております!

 天然白木重箱ですが

 エコを重んじた重箱にしています。この白木ただの白木では  ございません、植樹から4年前後で成木となり、  無駄な森林伐採などの環境破壊を軽減するファルカタ材を  使っています。さらに天然木だからこそ土にかえる木材の  材料なので、これも安心して利用頂ける重箱となります。

■商品内容(全36品目)

【壱の重】 蟹とクリームのパイ包み ロブスター黄金焼き …  ★★シェフ手作り 鴨のパテ オレンジ風味 … ★★シェフ手作り サーロインローストビーブ … ★★シェフ手作り サワークラフト(紫キャベツ) … ★★シェフ手作り 豚肉のフロマージュテート(ゼリー寄せ) … ★★シェフ手作り 豚肩ロースチャーシュー … ★★シェフ手作り パプリカマリネ … ★★シェフ手作り

【弐の重】 鱈子旨煮、海老芝煮、豊卵ふくさ焼、牛肉牛蒡巻き、田作り、数の子風味漬け、いくら醤油漬け、若鶏明太ロール、若桃シロップ煮、 伊達巻、海老手まり寿司、手まり餅、あしらいそら豆、瀬戸のたこ姫

【参の重】 栗きんとん、焼き筍うま煮、椎茸旨煮、人参旨煮、きぬさや、蛸のバジルソース、ぶどう豆、ローズサーモン、伊予柑紅白生酢、 さより京風巻き、にしん昆布巻き、若桃シロップ煮、鰤照り焼き、杉板包み ※サーロインローストビーフは、加熱・衛生上の為、監修となります。 重箱寸法/約203×203×180mm 3段 天然白木重箱

村上シェフオリジナル手作り入り 冷蔵生おせち料理3段重

出典元:クランクイン!

お笑いコンビ・NON STYLEが20日放送の『あちこちオードリー』(テレビ東京系/毎週水曜23時6分)に出演。オードリーと共に出場した2008年の『M-1グランプリ』の舞台裏について明かした。

【写真】NON STYLE、デビュー当時の初々しい姿

 お笑いコンビ・NON STYLEが20日放送の『あちこちオードリー』(テレビ東京系/毎週水曜23時6分)に出演。同期のオードリーと共に出場した2008年の『M-1グランプリ』の舞台裏について明かした。

 2008年の『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)では決勝に進出し最終決戦へとコマを進めたNON STYLEと、敗者復活を経て最終決戦のステージに立ったオードリー。番組の中で4人が当時を振り返っていると、NON STYLEの井上裕介は最終決戦に進んだナイツが優勝すると思ったと吐露。これに石田明は、オードリーが敗者復活から勝ち上がってきたことに触れて「敗者復活で上がってきた時に“あぁオードリーやな”って思った」と敗北を確信したことを告白した。

 NON STYLEの話を聞いた若林正恭は「思った? 決勝の2本目で“急ブレーキかかったな”って」と問いかけると、石田は「正直言うと“なんで同じようなネタやらへんかったんやろう?”とは思った」とポツリ。オードリーは2008年の『M-1グランプリ』の決勝戦で、1本目は従来のネタを披露し、2本目には変則的な“選挙演説”をモチーフにしたネタを披露していた。

 これについて若林は、NON STYLEの最終決戦のネタが廃病院へ肝試しに行くというストーリーだったことを挙げつつ、2008年の『M-1グランプリ』決勝戦に進めなかったことについて、スタッフづてに“オードリーはキャラ漫才だから決勝に進出できない”という話をされていたと語り、2本目のネタを用意していなかったと説明。

 そんな中、想定していなかった決勝戦の舞台と最終決戦への進出が重なり「稽古しないでできるネタが“選挙演説”と“肝試し”のネタだったの」とコメント。ネタ被りを避けるために選挙演説のネタを披露したことを明かすと、NON STYLEの2人も驚きの声を上げた。そして若林は相方の春日俊彰に「それは俺の頭の中で起こってることであって、知らなかったでしょ?」と水を向けると、春日はNON STYLEの2人を指差しながら「同じリアクションよ。“へぇ~!”って思う。同じ気持ち」と打ち明け、笑いを誘っていた。

コメントは受け付けていません。