アンドリュー・ガーフィールド主演「チック、チック…ブーン!」劇場上映決定 「RENT」作曲家の自伝ミュージカルを映画化(映画.com)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:映画.com

アンドリュー・ガーフィールド主演のNetflix映画「tick, tick…BOOM! チック、チック…ブーン!」が、11月12日から全国のイオンシネマほかで劇場上映されることが決定した。Netflixでは、11月19日から全世界独占配信する。

【画像】「tick, tick…BOOM! チック、チック…ブーン!」場面写真

 本作は、「RENT/レント」として映画化もされた傑作ミュージカル「RENT」を生んだ作曲家、故ジョナサン・ラーソンさんの同名自伝ミュージカルを映画化。「イン・ザ・ハイツ」「ハミルトン」で知られるリン=マニュエル・ミランダがメガホンをとり、長編映画監督デビューを飾る。

 舞台は1990年の米ニューヨーク。ウェイターとして働くジョナサンは、アメリカのミュージカル界での大ブレイクを狙い、作品を創作中の若きミュージカル作曲家だ。チャンスとなる公演を目前に控えたある日、ジョナサンはさまざまな要因によるプレッシャーで焦りを感じていた。ニューヨークを離れて芸術活動を広げることを夢見る恋人のスーザン、夢を諦め経済的な安定を追い求める友人のマイケル、さらにはエイズのまん延で破滅的な影響を受ける芸術界。刻一刻と期限を迫られる思いのジョナサンは、人生の岐路に立たされ、誰もが避けられない問いにぶつかる。

 主演のガーフィールドは、現実に押しつぶされそうになりながらも、「最高のロック・ミュージカルを作る」という夢を決して諦めない作曲家ジョナサン・ラーソンを演じる。本作で披露した弾き語りも見どころのひとつだ。マイケル役はロビン・デ・ヘスス、スーザン役はアレクサンドラ・シップが演じるほか、バネッサ・ハジェンズ、ジョシュア・ヘンリーが出演している。

コメントは受け付けていません。