ソ・イングク、8年ぶりの映画『パイプライン』日本公開日決定(オリコン)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:オリコン

ドラマ『応答せよ1997』、『元カレは天才詐欺師』をはじめジャンル不問の熱演で作品ごとにファンを虜(とりこ)にする韓国俳優ソ・イングクが、映画『君に泳げ!』以来、8年ぶりの出演映画となる『パイプライン』の日本公開日が2022年2月4日に決定。予告編やポスタービジュアル、場面写真が解禁となった。

【動画】映画『パイプライン』予告編

 クォン・サンウ主演『マルチュク青春通り』、チョ・インソン主演『卑劣な街』、そしてイ・ミンホ主演『江南ブルース』など、韓国の現実を鋭く捉えながらも、人間の繊細な内面を表現してきた韓国映画界最高のストーリーテラー、ユ・ハ監督の最新作である本作は、韓国の地下に隠された数千億ウォンもの石油を盗み出し、人生大逆転を夢見る6人の“盗油師”が繰り広げるチームプレーを描いた新たな犯罪エンターテイメント作品。

 送油管に穴を開けて石油を盗み、転売する特殊犯罪「盗油」を韓国映画で初めて正面から取り上げ、本国公開前から大きく話題を集めた本作。その犯罪組織のリーダーを担う最高峰の穿孔(せんこう)技術者をソ・イングクが演じる。洗練されたブランドもののスーツを着たまま穿孔(せんこう)を行う姿から、危険極まりない盗油作戦に巻き込まれる姿まで、多彩な魅力で再び観客の心をつかむにちがいない。

 さらに数千億ウォンの盗油作戦を計画する大企業の後継者にモデル出身のイ・スヒョク、そこへ合流する4人の盗油師たちも映画やドラマで幅広く活躍する実力派俳優が脇を固め、個性あふれるキャラクターによる予測不可能なチームプレーも見どころだ。

 予告映像は、ソ・イングク扮するドリルの名人“通称ピンドリ”が、10億ウォンのギャラという危険極まりないデカい計画に参加するシーンから始まる。地下に隠された数千億ウォンの石油を盗み出すため、集結した訳アリの“盗油師”の姿が切り取られる。警察に追われ、スポンサーから圧力がかけられる中、タイムリミットは刻々と迫ってくる。果たして命がけの盗油作戦は成功するのか? 映像からは、スケールの大きいスペクタクルなアクション映像満載の犯罪娯楽映画であることが、ヒシヒシと伝わってくる。

 ポスタービジュアルは「完璧に、華麗に、豪快に盗み出せ!」のキャッチコピーとともに、眼光鋭くツナギ姿で立つソ・イングクや、高級スーツをまとい何か企んでいる様子のイ・スヒヨク、そして人生逆転を夢見る寄せ集めの盗油師たちが並んでいる。
 
 今月23日より特製A4クリアファイル付き(数量限定、なくなり次第終了)前売り券が発売開始となる。

【広告】

おいしく・楽しく

                                【カロセーブ】

健康的にダイエット

↓   ↓   ↓

【カロセーブ】で置き換えダイエット!

コメントは受け付けていません。