“ミキ賞”にプロ顔負け3作品 亜生&昴生が『お笑いの日』学生お笑い動画を寸評 (オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

お笑いコンビ・ミキが、TBS系で10月2日に放送された『お笑いの日2021』の公式インスタグラムに寄せられた学生によるお笑い動画を寸評。応募63作品のなかから優秀3作品を“ミキ賞”として表彰した。

【写真】学生動画に爆笑するミキ

 『お笑いの日2021』は、10月2日に8時間にわたり生放送された大型お笑い特番。ダウンタウンをはじめお笑い芸人が一堂に介し、「お笑いミクスチャーFES」「ソウドリ~SOUDORI~」「ザ・ベストワン」などのプログラムに続き、「キングオブコント2021」がトリを飾った。

 これにあわせ、番組公式インスタグラムでは、コロナ禍で発表のチャンスが少なくなった学生のコント師や漫才師を対象に「#芸人も学生もお笑いの日」としてお笑い動画を募集。このほど、スタッフが面白いと感じた3作品をミキの2人が鑑賞し、未来の芸人たちへ賞ネームとアドバイスを送った。

 高校生・せうたさん(@seuta_warao)の作品『漫談ラップ』が“早く歌のとこ聞きたくなったで賞”、中学生・茶門(@niehachiha_2)の作品『にんげんだもの』が“もっと他のネタを見たくなったで賞”、そして高校生・夜歩き(@yoaruki_manzai)さんの作品『クラスの女子』が“もうすでにNGKに出られるで賞”に選ばれた。投稿動画は番組公式インスタグラム(@owaraiday)で視聴できる。

■“ミキ賞”受賞作とミキ(亜生・昴生)による寸評

▼『漫談ラップ』(せうた作)=早く歌のとこ聞きたくなったで賞
昴生「今風というか動画のエフェクトも上手く使っていて時代にマッチしているし、高校生で独自のネタですからスゴイです。ラップがもっと聞きたくなった。もう未来の粗品ですね」
亜生「エピソードトークはショートで聞きたい。“漫談ラップ”というタイトルですけど逆になっていて、サビ部分の“ラップ、ラップ漫談”が早く聞きたい。これはもう、ですよ。さんの“あ~い、とぅいまてぇ~ん!”と一緒。僕が高校生の頃は学校の先生のモノマネぐらいしかしていなかったので、このオリジナルはスゴイです」

▼『にんげんだもの』(茶門作)=もっと他のネタを見たくなったで賞
昴生「ツッコミの子がちゃんとツッコムときに姿勢を変えているところがスゴイ。どこで習ったのか。声を大きく出すのはよくありますが、中学生でこの表現ができることが素晴らしい。あとはカンでしまったところをネタにするぐらいのやりとりができるようになるとさらにいいですね」
亜生「ネタのテーマ選びスゴイです。そして普通のことを言ってその後にボケっていうシステムもいい。ただ、色紙を外して喋っておいる時にちょっと不安が見えてしまったところが惜しかった。でも中学生ですから今後に期待したいです」

▼『クラスの女の子』(夜歩き作)=もうすでにNGKに出られるで賞
亜生「普段、劇場に出ている子たちではないんでしょ。高校生でこのクオリティはスゴイですよ。1つ言えばイカレオールバックという子は、襟足をネタにした方が良かった。オールバックで通したとしても最後に“オールバックちゃうねん、襟足長いねん!”て聞けたらもっとハートに刺さったと思う」
昴生「漫才メッチャ旨い。ツッコミの子が主軸をとるのかなとおもいきや、ボケの子の次に何を言うのかと思うワクワク感。何を言っても面白く聞こえることろがスゴイ」

【広告】

     キレイになれて謝礼金までもらえる、

ありえないおトク情報ここにあり!



株式会社アイグロー

コメントは受け付けていません。