「ドクター・ストレンジ」「ソー」最新作などマーベル作品の米公開日が変更に(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

米ウォルト・ディズニーがマーベル作品などの公開スケジュールを一気に変更したと、米バラエティが報じている。

 「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス(原題)」の全米公開を2022年3月25日から5月6日に変更したことを皮切りに、当初5月6日に公開を予定していた「ソー:ラブ・アンド・サンダー(原題)」を7月8日に、7月8日に予定していた「ブラック・パンサー ワカンダ・フォーエバー(原題)」を11月11日に延期するなど、マーベル作品の玉突き現象が起きている。

 スケジュールの見直しは、コロナ禍で公開された「ブラック・ウィドウ」や「シャン・チー テン・リングスの伝説」の興行成績とは無関係で、製作の遅延によるものだという。マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の物語はいまや映画だけでなく、テレビドラマまで広がっているため、1作品の遅延が全体に影響を及ぼすようだ。

 一方、ディズニーは22年7月29日に全米公開を予定していた「インディ・ジョーンズ5(仮題)」(ジェームズ・マンゴールド監督)を、23年6月30日へ1年間延期している。こちらは今年6月にハリソン・フォードが肩を負傷したことによる撮影遅延の影響のようだ。すでにフォードは現場に復帰している。

【広告】

     キレイになれて謝礼金までもらえる、

ありえないおトク情報ここにあり!



株式会社アイグロー

コメントは受け付けていません。